クレイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クレイン

封印の剣に登場するエトルリアの将軍。年齢は19歳。クラスはスナイパー。
第10章B、あるいは第11章Aで敵ユニットとして登場し、クラリーネで話しかけると仲間になる。
クラリーネの兄で、烈火の剣に登場したパントとルイーズの息子。また、ディークは彼の命の恩人である。
両親に似たのか、貴族だがほがらかな性格の持ち主で、自分の身分に驕ることもない。
姿を隠しているエルフィンに会うたびに「ミルディン様」と本名で呼びそうになったり、
ティトの好意に対して鈍感だったりと、わりと抜けている一面もある。
決定的なのは、敵ユニットとして登場した際に、相手が妹のクラリーネでも平然と矢を放ってくること。
この為に、彼は紋章のマチスの称号にちなんでバカ兄貴と呼ばれることもある。
大戦後はエトルリア弓軍将となる…かと思われたが、性格を生かして文官になったようである。

上級職Lv1での登場で、初期値はイマイチだが、成長率は上級職加入にしては高め。
HPと技以外は同職で下級職加入のウォルトぐらいにまで伸びる。
しかし、格別能力値が高いというわけでもなく、クラスは弓しか使えないスナイパーのため強キャラとは言い難い。
ハードでは一応ブーストがかかるが、もとの半端な能力値とクラスの為にあまり見栄えはしない。
支援相手はディーク、クラリーネ、パーシバル、ティト、エルフィンと中々で
支援が成立するのも早めだが、歩数が合わない相手が多いのが難点だろうか。