軍師


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

軍師

  1. ほぼ全ての作品に登場する役職、プレイヤーユニットではなく設定上は主人公と常に行動を共にしている。
    主な役割は「主人公がシナリオデモで一人で喋らなくても良いようにするための話し相手」であり、
    作戦を授けてくれたりすることはほとんど無い。
    「死んでしまえば終わり」というゲームシステムの都合、主人公以外のキャラは初登場の時と
    特定の条件を満たした会話以外では会話をする事が許されないので
    死なない話相手というのはシナリオを円滑に進める上で必要不可欠な存在。
    聖戦では本城でのクラスチェンジ係をしたり、封印では荷馬車を引いていたりした。

    シリーズ7作目の聖魔でついにこの役職は姿を消し、その代わりHPが0になっても
    死なずにシナリオデモに普通に登場する紋章1部と2部のジェイガンを足したような存在のゼトが登場する。

  2. 烈火の剣でプレイヤーの分身として名前・性別・生年月日・血液型を設定できるキャラ。
    二周目以降エリウッド編かヘクトル編から始めると登場させるか否かを選択できる。
    得意技は行き倒れ。
    生年月日と血液型によって属性が変わり、同じ属性の仲間の命中率と回避率を少しだけ上昇させることができる。
    また、性別を女性に設定すると、一部キャラクターの台詞が変化する。
    セインに思慕の念と恭順の意を示させたければ是非おためしあれ。
    ゲームクリア時の評価によって後日談に変化が起こり、
    最高評価の場合はエトルリアとベルンが軍師をスカウトするために戦争を起こすまでになる。

関連
モロドフ伯】【アウグスト】【マリナス