ラガルト

ラガルト

烈火の剣に登場。元黒い牙の盗賊。【疾風】の異名を持つ。
つかみ所がない性格で冗談をよく言うが、他人と比べて自分の実力や性格に自信を持てないでいる。
また、20代だが考え方が達観しているので、老けて見られるのを気にしている。
団員時代の役職は組織の裏切り者を始末する粛正者。
本人自体はあまり強くなく、騙し討ちを使っていたので、自分を『臆病者』だと罵っている。
ネルガルらによって黒い牙が変貌してからは、
老いやケガで戦えなくなった人間たちまで始末させられるようになり
最終的には自分の恋人であるアイシャを自分の手で殺すことになり、
嫌気がさして脱走を考えるようになる。
そして竜の門で逃亡するが、エリウッドに説得されて軍に加わった。
ブレンダン、ロイドライナスウハイらの初期の団員と仲がよく、
脱走した後も居心地がよかった当時の黒い牙に思いを馳せている。

ステータスは速さと幸運が非常によく伸び、さらに氷属性なので支援効果で回避が非常に高くなり
実は全てのユニットで最も回避が高くなれるキャラ。
速さと幸運をカンストさせ支援を最大にすれば地形効果なしでも115にもなる。
しかし力が伸びにくく、アサシンになっても技はそれなりに成長するが
氷属性のために支援で必殺率が伸びづらく、
瞬殺は発動しにくいので敵を倒しにくい、
またHPも守備も低く打たれ弱いという弱点がある。
クラスチェンジアイテムの入手の遅さと稀少さからも使い続けるリスクは高いが
終盤の黒い牙の敵将達との戦闘会話は魅力的なので育てて損はない。