ラグネル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラグネル

蒼炎の軌跡と暁の女神に登場する剣。神剣―。
かつてはオルティナが愛用していた。エタルドとは対の存在。
アイク専用。命中は80とそれほど高くはないが使用回数無限で直間両用、さらに装備すると守備が+5される。
蒼炎では敵の必殺を0にする効果もある。
高いアイク自身の性能と相まって戦闘(特に物理戦)ではほぼ無敵に。
蒼炎での初登場は漆黒の騎士グレイルの決闘時。
正々堂々とした決闘の為に漆黒の騎士がグレイルに投げ渡したが拒否される。
グレイルの死後にアイクは決闘の場に戻り、残されたこれを発見。
持っていればいつか漆黒の騎士と再会できると信じて回収する。
27章後半の漆黒の騎士との一騎討ちから使用可能になる。
暁では三部11章から使用可能。
蒼炎の後にベグニオンの至宝であることが発覚した為、返還されていた。
今回のラスボスにとどめをさせる唯一の武器である。

関連
この剣を使われよ