ラルフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラルフ

トラキア776の15章で登場するマーシナリー。旅先の村を守る為、多勢の山賊相手に戦う傭兵。
悪い事に村には若い女が多く、更にアマルダが子供狩りから救った子供達も預けられていた。
台詞の端々からは責任感の強さが見え隠れする。
傭兵ながら良心が残っていたのか、教会の司祭やスルーフに感化されたのか、
帝国のやり口が気に入らないとリーフ軍に志願する。ED後、農民として働き続ける道を選んだ。

顔があまりにも地味である。初期装備も鉄の大剣と手斧、とこれまたシブイ。
能力値は即戦力としてなら不足は無いだろう。
しかし、これでもマーシナリーとしては微妙に柔らかい(成長率は良いが)。
運がほぼ伸びず、支援で埋められる事も無い。
これらの事から、以降のマップで使う者はまずいないだろう。
ある意味非常なレアキャラでもある。