ランゴバルト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ランゴバルト

聖戦の系譜に登場する公爵。クラスはバロン
聖戦士ネールの血を受け継ぐドズル家の当主であり、聖斧スワンチカを継承する。
強欲で知られ、宰相レプトールの誘いに乗って反クルト王子の勢力を形成し、イザーク遠征中に王子を殺害。
王子側近のバイロン卿にも重傷を負わせ、さらに謀反の罪を彼になすりつけた。
3章でシグルド討伐軍の指揮官として登場するが、直接対決は5章。リューベック城でシグルド軍を待ち受ける。
エルトシャンに次いで二人目の神器を持つ敵であるが、こちらは必ず倒さなければならない。
聖戦士直系に相応しいステータスであり、特に神器の性能もあって攻撃力と守備力はかなり高い。
騙し討ちとはいえ、ティルフィングを持っていたはずのバイロンを瀕死に追い込んだだけはある。
……はずなのだが、性能以上に伝説的なスワンチカの重さが彼の足を引っ張っている。
たとえ遠近両用で攻撃力が高かろうと、当たらなければどうということはない。
とはいえ当たってしまうと大きいので、指揮官、カリスマ、恋人など使えるだけの支援は使っておこう。
売りのはずの守備力も、月光剣や必殺攻撃の前では霞んでしまうのが哀しい。
見切りを持つか、もしくは体格システムがあったら、
孫のブリアンと共に評価が大きく変わっていたかもしれない敵キャラである。
上述の月光剣を持つホリンやフォルセティ持ちのレヴィンなどを当てると倒しやすいが、
会話イベントもあることだし、とどめはシグルドに譲って父の仇を討たせてあげたいところだ。
なお、息子のレックスと戦闘させても会話がある。

関連
ダナン】【レックス】【ヨハン】【ヨハルヴァ