ステラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステラ

蒼炎に登場。ベグニオンのディアメル伯爵家令嬢。
蒼炎ではボウナイト、暁では弓騎将(アローナイト)。

蒼炎13章で中立ユニットとして初登場し、アイクで会話すると仲間になる。
・・・のだが、登場時のレベルが1と非常に弱く、敵に近い所に配置されているため、
ハード以上は1ターン目で会話して仲間にしなければ運が悪い場合1ターン目で殺される。
アイクが1ターン目に会話するには体当たりぶちかましを使わねばならない距離におり、
一週目でステラを殺してしまった事のあるプレイヤーは多い。

ユニットとしては初期レベルこそ低いものの、
スキル「エリート」を所持しでのボスチクもしやすい為に育てやすく、
優遇クラスであるパラディンになれるため、決して弱くはない。
が、どうしても初登場のインパクトで弱いイメージが付きまとう。

蒼炎の支援会話において、何故かマカロフに惚れてしまったりする。
そのせいか暁ではクリミアへ移籍、彼と共に王宮騎士団員となる。
お嬢様だったのである程度は仕方がないのだが、
それでもマカロフへのベタ惚れぶりは当のマカロフにすら呆れられるほどの病的なもの。
支援がAだと周囲の反対を押し切ってマカロフと結婚してしまう。

ちなみに騎士になった理由は親の意向でルカンと結婚させられそうになり、それに反発してのものである。
暁終章Area1でルカンと対峙した時、それが間違っていなかったことを確信するのであった。

暁でも同様に初期レベルは低めだが「エリート」持ちで、今回はバルフレチェという強力な得物もある。
終章では射程の神射手(シノンヨファ)か機動力の彼女のどちらをとるかは悩みどころである。