スナイパー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スナイパー

初期作から登場する弓兵の上級職
アーチャーなどがクラスチェンジすることでこのクラスに就くことが出来る。
初期~前期の作品ではクラス補正がべらぼうに大きかったり、
キャラクター自体の性能が異常に高かったりで猛威を振るっていたが、
エレブ大陸に移って以降は、手槍手斧の性能向上や遊牧民の登場などからその地位に翳りが生じるも

烈火の剣ではシューターが登場し、また各弓兵のキャラクター性能も優秀だったため復権の兆しを見せた。
聖魔の光石ではスキルシステムの復活と共に「必的」を引っ提げて参戦するも、大ボスクラスの敵以外には
安定して高い命中率を出せるスナイパーにはあまり大きなメリットとは言えず、権威を取り戻すことは出来なかった。
それどころかクラスチェンジが選択式になり、アーチャーは直接攻撃も出来るフォレストナイトにもなれるため
そちらに流れるプレイヤーが多いなど散々な扱いであった。

蒼炎の軌跡では、能力は平凡であるが
奥義の書で習得することができる、スキル「狙撃」を手に入れることにより名実共にスナイパーになる。

暁の女神ではスナイパーの上に神射手(サジタリー)という職が登場し
クラス特性に射程+1が追加され、反撃されないで攻撃が出来る。
更にボウガンという射程1~2の武器が追加され、近接攻撃も可能になって
助けて!○○さん!」という状態にはならなくなった。