セイラム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セイラム

トラキア776に登場する元ロプト教団の神官。クラスはロプトマージ。
シリーズ初の闇魔法も操れる味方ユニットである。
ロプト教団のありかたに疑問を抱き、脱退を試みるも裏切り者として誅され、
瀕死のところをパーン率いる義賊団ダンディライオンに救われた。
以後は「パーンが義賊であるかぎり」という条件つきで団に身をおく。

ヴィジュアル系の入った、朴訥とした若干幸薄そうな雰囲気、
というかぶっちゃけネクラな見た目と髪型は、一瞬で覚えられる程のインパクトを持っている。
その見た目が「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する花京院典明に似ている事から、
「花京院」という愛称で呼ばれる事も。

第12章に登場し、スリープの杖でリーフたちに安らかな眠りを与えてくれる。
トラキア776では状態異常が自然回復しないので中々の脅威。しかもこの章は索敵マップ。
なお、彼を捕獲したままクリアすれば次の章からリーフの仲間になってくれる。
闇魔法は威力は高いが、重いので育てる際は気をつけたい。
下級職だが初めから杖C、クラスチェンジでさらに杖レベルが上がるので
闇魔法はおまけと割り切って杖のエキスパートと考えるのも一つか。
また、成長率がやや低めなので、聖戦士の書で補強したいところ。

パーンの他には、元上司にあたる大司教マンフロイの孫娘であるサラから支援を受けるが、
当のサラからは「あなたなんて知らないわ」「あなたに用はないわ」と散々な言われようである。
末端の神官であればそれもやむなしか。

余談として名前の綴り「Salem」はエルサレムの古名やそれにちなんで付けられた各地の地名、
さらにはタバコの銘柄なんて物にまで見る事が出来る。