ゼト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼト

聖魔の光石に登場する騎士。クラスはパラディン。
ルネス王国騎士団を束ねる若き将軍であり、「真銀の騎士」という異名を持つ。
真面目で冷静沈着、鋭い戦術眼を持つ騎士の鑑のような人物である。

ゲーム開始冒頭ルネス王ファードの命で、
グラド帝国によって陥落寸前の王都から王女エイリークを連れて隣国フレリアへと逃れる。
その途中でグラド将軍ヴァルターの繰り出す槍によって重傷を負うものの、
追撃を振り切ってフレリアに辿り着いた。
以降、グラド打倒とルネス奪還を目指すエイリーク、
そして合流した王子エフラムを影に日向に支えていくこととなる。
ファードからは王子と王女の腕輪の秘密について持ち主よりも先に知らされており、その信頼は大変厚い。
また、部下からも非常に慕われていることから考えても、
若いと言えど地位相応の実力を持っているようだ。
ステータスの点でもそれは表れており、初登場時からなかなかのハイスペック。
本当に傷は完治していないのだろうか?
若さ故か、従来作品の早期参加パラディンと比較して成長率が高く、
終盤まで第一線で活躍することは十分可能である。

ゲーム開始直後から登場する重要キャラの割には支援関係を結べるキャラは多くない。
特にカイルフォルデといった騎士団関係者はともかく、
次期国王で主人公選択によっては長い付き合いともなる
エフラムと支援会話がないのは将軍としてどうなのだろうか?
なお、共に逃避行に出た仲でもあるエイリークと支援Aになると、
一度は騎士として彼女への想いを断ち切る決心をするも、
EDの後日談では彼女の望みを受け入れ、晴れて結婚することとなる。
彼女とはそれなりの年齢差が有ると思われるために妙な疑いをかけられることも多いが、
新たなる国王エフラムの守備範囲の広さと比べれば、それ程のことでもない。
他の支援候補はナターシャ(支援Aでペア後日談あり)、フランツ、ガルシア、クーガー。

関連
ジェイガンポジション】【お助けパラディン