双聖器


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

双聖器

聖魔の光石に登場する伝説の武器。
各国の建国王が手にし、魔王を封じる際に使われたものとされる。
ルネスに炎槍ジークムントと雷剣ジークリンデ
フレリアに翼槍ヴィドフニルと蛇弓ニーズヘッグ
ジャハナに氷剣アウドムラと風刃エクスカリバー
ロストンに光輝イーヴァルディと聖杖ラトナ
グラドに黒斧ガルムと魔典グレイプニル、と各国に二つずつの武器が伝承されている。

武器ランクはS。
炎槍ジークムントはエフラムの、雷剣ジークリンデはエイリークの専用装備だが、
それ以外は対応する武器レベルがSのキャラなら誰でも装備可能。

名前は立派であり、性能も確かに良いのであるが、
敵に見逃されて安置されていたものを回収したり、救援物資として無名の兵士によって届けられたりと、
聖戦における十二の神器や封印・烈火における神将器と比較すると、
ストーリーや演出における扱いが妙に悪い気がする。

ちなみに双聖器が持つ魔物への特効は2倍であり、他の3倍の特効とは重ならずに2倍の特効が優先される。
そのため、スキルで魔物特効を持つ司祭はイーヴァルディよりアルジローレを、
ガーゴイルやドラゴンゾンビといった飛行系の魔物を相手にする際には
ニーズヘッグよりぎんの弓を使った方が与えるダメージが大きくなるという現象が起こる。