ソードキラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソードキラー

  1. 紋章の謎に登場する剣。傭兵と勇者に特効。
    20章のハーディン親衛隊に使いたいところだが、速さ20でも追撃不可になるので実用性は微妙なライン。
    武器アイコンとグラフィックがガリアンソード調でカッコイイ。

  2. 烈火の剣と聖魔の光石に登場する斧。
    攻撃力11 命中80 重量13 必殺5 三竦み反転、
    傭兵・剣士・勇者・ソードマスター・ブレイドロードに特効。
    特効効果と三竦み反転による攻撃力補正は重複する仕様のため、剣を持った特効が発生する相手を攻撃した場合、
    ソードキラーだけで攻撃力39 命中110と世にも恐ろしい数字になり、更に使用者の能力が加わる。相手は死ぬ。
    剣歩兵側もランスバスターで対抗出来るが、それでも攻撃力30 命中65とかなり危険な数値。
    どう足掻いても不利なのである。
    勇者やブレイドロード違って手軽な間接攻撃手段に乏しい剣士系にとっては、まごうことなき最凶最悪のリーサルウェポン。
    烈火以降の剣士弱体化を象徴する武器であり、
    聖戦の系譜以降の「斧なんてあたんねーよ」 という剣士優遇路線をばっさりと斬り捨てた。
    あからさま過ぎたと反省したのか蒼炎の軌跡には存在しない。
    ただし剣士冷遇キャンペーン自体は蒼炎でも継続中。