大乱闘スマッシュブラザーズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大乱闘スマッシュブラザーズ

任天堂を代表するキャラクターが乱闘をする対戦アクションゲーム。略称スマブラ。
ディレクターは星のカービィやメテオスの桜井政博。
ニンテンドウ64で大ヒットを記録。
続編がゲームキューブでスマブラDX、WiiでスマブラXと発売された。

ファイアーエムブレム勢はスマブラDXから参戦。
64版の発売からリクエストが多かったマルス、封印の剣の発売に先駆けてロイが参戦した。
マルスが速さや技に重点がおかれたタイプで、
ロイはマルスより若干遅い替わりに一撃の強さが大きいタイプ、といった風にデザインされている。
FEのキャラクターのフィギュアはマルスとロイしかない。
他にシーダが作られる予定ではあったが、造形上の難しさと時間の関係でなくなった。
当時FEは海外に展開されていなかったため、
海外版では削除される予定だったが海外の人々にも好評だったのでそのまま登場している。
また封印の剣のスタッフロールには、スペシャルサンクスとして
大乱闘スマッシュブラザーズDXの製作チームが掲載された。

スマブラXではロイと入れ替えにアイクが参戦。
マルスの柔の剣に対し、アイクは剛の剣とされ、強力な一撃を放つキャラになっている。
(DXではマルスとロイは共通モーションだったが、Xではそれぞれ違うモーションを使用している。)
投稿写真では暁の女神のとあるシーン(?)が再現され、やり込んだ人はニヤリとできるだろう。
(スマブラ拳→ゲームモード→その他→スナップ写真大集合その2→ページ3の左列5番目)
アシストフィギュア(お助けキャラといった役割)としてリンも登場。強力な一閃を浴びせてくれる。
カメラの位置次第で下着が見えるとも…。
スネークの特殊アピールとして、対戦キャラについて色々と楽しい通信を繰り広げてくれるのだが、
マルスについての通信で、舞台が"アカネイア"大陸のはずなのに
"マケドニア"大陸となっている手痛いチェックミスが見受けられる。

なおスマブラXの開発中に新・暗黒竜と光の剣のマルスの新しいデザインを見せられたが
デザイン変更が間に合わない時期で(桜井氏が)ショックを受けたという事が、
新・暗黒竜と光の剣のインタビューで明らかになった。