ダルシン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダルシン

トラキア776の4章で登場するアクスアーマー。レイドリックの部下でマンスター城の牢番。
ディアナとユベルという妹弟がおり、3章で子供狩りに遭った弟を家へ帰していると、その話に憤ってリーフ軍に加わる。
牢番などという暗い仕事の割りには人情派。家族の事を何より心配している。

移動のままならない兵種ゆえ、登場時からしばらく置き去りの危険と戦い続けなければならない。
そこを何とかしのいでも、斧しか装備出来ないため命中にハンデがあり、更には初めから速いライバルがごまんといる。
やがて聖戦士の書が手に入る頃には、敵はハンマーとキラー装備と魔法だらけになるので、
速さも運も、意外な事に守備さえも上がらないかれは、マトモに戦う権利すら与えられていない事を痛感するだろう。
辛うじてジェネラルになったとしても、大盾を覚えず、使いやすい剣槍の武器LVは1から鍛えなければならず、
鍛えた頃には何気に強いゼーベイアの存在が待っている。

一番硬いはずの兵種が最も柔らかいという、逆説的な状況のイケニエ第1号となった人物(聖戦はダメージの扱いが特殊)。
殺られる時はサクッと殺られてしまうのだから、使うのであれば、いっそ速さと移動には目をつぶり
キラーアクス等を持たせて一撃に賭けた方が建設的かも知れない。怒りMがあれば尚良し。
それでも、魔法主体の後半にはまず連れて行けない筈である。
昔の四コマ漫画に出てきそうな愛嬌ある団子っ鼻と、たてがみの如き髪型、
堅実そうで男臭い三白眼には好感が持てるのだが…

EDでは故郷ケルベス付近の守備を任され、日夜山賊と戦い続ける。
ついでに海賊のいる島々を制圧する事になるのだが、
この時リフィスが関わっていたのではないかと推測される描写が彼のEDに残っている。