ファイアーエムブレム 封印の剣

ファイアーエムブレム 封印の剣

2002年にゲームボーイアドバンスで発売されたシリーズ6作目。
加賀氏が抜けたためか、前作のトラキア776の発売から3年も経って発売された。
スキル、騎兵の攻撃後の再移動はなくなっている。

エトルリアとベルンの二大王国のバランスが
ベルンの各国の侵略という形で崩れるというところからストーリーが始まる。

最初のメンバーに老いたパラディンがいたり、キルソードを持つ美系剣士がいたり、
竜石で変身する幼女がいたりと、初期のFEをイメージさせる作りになっている。

初心者の指南、支援会話、理・光・闇魔法による3すくみ、難易度選択等、後の定番となった新要素も多い。

初の携帯作品であったが、シナリオ構成、戦闘バランス、
ほぼ全てのクラスで男女2人以上ユニットがいる等、完成度は高い。
GBAシリーズでは一番の売上(約32万6000本)である。

関連
ファイアーエムブレム 烈火の剣