武器練成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武器練成

蒼炎の軌跡から登場したシステム。
有料で武器の性能を変える事が出来、またその武器に好きなように名前を付ける事が出来る。

  • 蒼炎の軌跡
    1章につき1個だけオリジナル装備
    普通の武器を基にして必殺率や攻撃力、命中や重量の増減を施した装備を購入出来る。
    加工すれば加工するだけ値段が掛かるが、強化しようが弱体化しようがかかる金額は同じ。
    マゾプレイ以外に重さを増やしたり命中を下げたりすることに何のメリットがあるかは分からない。
    また【練成バグ】という禁断の技も…。

  • 暁の女神
    個数制限は無くなったが、まず練成するためには装備を売却してポイントを貯めなければならない。
    装備を売ればその装備のランクに応じたポイントが貯まると言った仕様になっていて、
    同じ系統のポイントが50貯まる(※)と1個その系統の装備を練成する事が出来る。
    (※剣を20ポイントと槍で30ポイントで合計50ポイントとしても練成できないという事)

    練成費用もさることながら、まずポイントのために装備を集めなければならない。
    武装解除】の出番となるだろう。
    ポイントは使用回数で増減される訳ではないので、出来るだけ使い倒してから売るという小技も。

    いざ練成という所までこぎつけると蒼炎では使い道の無かった
    コイン】を使って、追加ボーナスを得る事が出来る。
    裏返しになった5枚のカードから一枚選んで…という形式だが、実はどれを選んでも必ず同じ物が出る。
    これはリセットしても変わらず2個目、3個目…と連続で練成していく事で、
    ポイントが尽きない限りはいずれは狙った効果を付ける事が出来る。
    そこまでやる必要性が有るのか微妙なラインだが、
    「最強装備を作り出したい!」と言った場合には使えるテクニックではある。

  • 新・暗黒竜と光の剣新・紋章の謎
    暁のシステムが芳しくなかったのか再び1章に1個という形に。
    また手持ちの装備を強化するという仕様になった。
    費用がかかるのは変わらないが、蒼炎・暁には無かった闘技場で稼ぐ事が出来るので、
    金を惜しまず練成していった方が攻略には有効。
    強化次第で練成出来ない三種の武器などのレア装備を超える装備も作りだせる。
    新紋章でも同様のシステム。新暗黒竜と異なる点は重さの概念が無い事くらいか。

  • 覚醒
    各種制限が撤廃され、元になる武器と資金さえあれば一度にいくらでも練成出来るように。
    フリーマップがあり金策も比較的容易なため、それまでより練成のハードルは大幅に下がっている。
    ただし強化は1項目につき最大5段階、合計最大8段階と、あまり極端な強化は出来なくなった。
    弱化練成も出来ないが、性能強化をせず名前を変更するだけなら無料で名付けさせてくれる。

余談であるが、このシステム名は表記揺れが激しく、「練成」(糸偏)と「錬成」(金偏)がシリーズによって混在している。
暁の頃までは「練成」表記であったが、何故かDS版あたりから「錬成」表記となっている。
どちらでも同じ意味なだけに非常に紛らわしい。