ブライトン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブライトン

トラキア776に登場するマギ団所属のアクスナイト。
初登場が室内マップなので、アクスナイトなのに最初は剣しか使えない。
元はマンスター騎士であり、父親もレイドリックの臣下であったらしいが、
市民の窮状を見かねて軍を脱走、マギ団に寝返る。
死亡時の台詞「むかしの…むくいか…」は、その辺りの事情に因を発すると思われる。
4章以降の展開では、そこそこの初期値とスキル怒りを持つため、頼りになる場面も多い。
しかし加入後しばらくの間剣しか使えないために肝心の斧の武器レベルが上がらず、
斧を使えるようになった頃にはすぐにオーシンやハルヴァンといった強い斧歩兵が復帰するので、
城内戦で斧が使えないという事情もあって1軍争いには不利な感が否めない。
システム的には不遇な彼ではあるが、実直そうなルックスと性格にファンも多いという。
尚、マチュアからの支援を受けることができるが、
後日談で存在の語られる「妻」が彼女であるかどうかは定かではない。