ティルフィング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティルフィング

聖戦の系譜に登場するシアルフィ家で受け継がれる聖戦士の武器。『聖剣―』
聖戦士バルドとその直系が扱えて、ゲーム中での所有者は(バイロン)→シグルドセリス
前半・後半共に終了間近で手に入るので他の聖戦士の武器に比べると影が薄いが、
攻撃力30の他に技・速に+10 魔防に+20というボーナスがあるので、
終盤の強力な魔道士との対決時にはぜひ装備したい。
ただし重さは7と、同じ剣のバルムンクミストルティンの中で最も重いのが珠に瑕。

ファルシオンによく似たデザイン(柄が細かく違っている)をしているが、シリーズのオマージュなのだろう。
なお元ネタの北欧神話では数々の所有者に栄光と破滅をもたらした魔剣。
ただしシグルド(の元ネタ)とは直接の関係はない。

関連
アルヴィス】【パルマーク