デズモンド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デズモンド

烈火の剣に登場する当時のベルン王国の国王。
政略結婚によりヘレーネを正妃として迎え入れているが、妾妃である女性と愛し合っていたので、
ヘレーネとその息子であるゼフィールを嫌い、妾妃との子であるギネヴィアを溺愛している。

本人曰く国王としての力量は普通らしいが、
・マードックとその部下とのやり取り
・ヴァイダやヒースの支援会話
・民衆のゼフィールに対する熱烈な歓迎ぶり
等を見る限り王として並以下であったのは間違いないだろう。