デニング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デニング

烈火の剣の第31(エリウッド編は29)章「悠久の黄砂」のボス。クラスはスナイパー。
ネルガルによって作られたモルフの一人。ボスクラスのモルフの中では唯一の物理攻撃の使い手。
テープレコーダーのように「ネルガル様からの伝言を伝えます。私は【魔の島】で、お前たちを待っている」
という台詞を登場時だろうと戦闘前だろうと死に間際だろうとひたすら繰り返す、
ダミアンアイオンと並ぶ烈火のネタボス。

終盤のボスなだけあって能力値はかなり高い。また、味方が近づくと普通に移動してくるので
油断して攻撃範囲内に入ってしまうと予想外のダメージを被ってしまうかもしれない。
王座に座っていないこともあって守りは非常に脆く、接近すればわりとあっさりと倒せるだろう。