デルムッド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デルムッド

聖戦の系譜6章冒頭・トラキア776ではナンナが生存している場合20章クリア後に登場する。
聖戦ではクラスはフリーナイト→フォレストナイト、トラキアではフォレストナイトになっている状態で参入。
聖戦ではリーゼントな髪がなんとも神々しい。
ラケシスの息子なので誰が父親だろうと黒騎士ヘズルの血(小)、スキル『カリスマ』を受け継ぐ。
血筋で最低限の力の成長率は保証され、父親のバリエーションがそれなりに広いキャラだが、
ベオウルフフィン辺りがストーリー面・能力面ともに有力。
能力面だけでいくならアレク・アゼル辺りも候補に挙がるか。
特殊剣を受け継ぐならゲーム的にも面白かったのだが残念ながら受け継がないので、
ラケシスとくっつきやすいデューが父親の場合は値切り・カリスマと貧相な事に。出来れば避けたい組み合わせか。

トラキア776では妙にイケメン化した面構えで登場。
聖戦では髪型のインパクトがあったが、トラキアではグラフィックが変更されたので、
その違いに吃驚したプレイヤーもいるのではないだろうか。
EDでの称号は『カリスマの騎士』。

平民が多数のリーフ軍にいる所為か成長率は良好、更には専用武器【ベオの剣】を持って現れる。
このベオの剣がくせものでデルムッドとフェルグスのみの専用装備。
ここからデルムッドはベオウルフとラケシスの子供だが、
ナンナはラケシスとベオウルフ以外の誰かの子供というラケシス二股説が囁かれる。
単に伝説の騎士ベオウルフが使ったフォレストナイト(&フリーナイト)専用剣というだけなのかも知れないが。

ちなみに公式ページに父親:ベオウルフと一時書かれていたが削除されたというのは知る人ぞ知る事である。