突撃

突撃

聖戦の系譜、トラキア776に登場する戦闘を継続させるスキル。
聖戦においての説明文は 「身軽であれば時折戦闘が継続する」
初見では説明文だけで追撃とどう違うのか察するのは難しいだろう。
「身軽であれば」という説明文だが実際には、
攻撃→反撃(→再攻撃)と戦闘の一連の流れが終わった時にHPが25以上有る時に
『こちらの攻撃速度-相手の攻撃速度+(HP/2)%』 という確率で発動する。
使い所は難しいが、発動すれば一気に戦闘の決着を付けることが出来るというかなり面白いスキル。
一般的に軽んじられているのは狙って発動しにくい序盤の印象がある為で
(相手の攻撃速度にもよるがノイッシュの初期値+無傷の状態で良くて約20%程度)、
HP量が発動率に一番大きく影響する為、後半になればなるほど発動を期待できる。
しかし戦闘を継続している以上、敵も攻撃してくるので過信は禁物ではある。

トラキアにおいては 『こちらの攻撃速度とHPが相手より高い時に必ず発動する』 ように。
確率に左右されない事は大きいのだが、弊害(突撃死を参照の事)もトラキアのゲームデザインでは大きい。
12章外伝にて入手出来る突撃Mを使えば誰でも取得出来て、
どちらかと言うと間接攻撃が出来て回避が高いキャラ向けではあるが
下手すると突撃死メンバーが増えるだけになってしまうので良く考えなければいけない。

このようにどちらの作品でも今一つな面が否めなかった為かその後のシリーズでは登場していない。