トラバント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トラバント

聖戦の系譜、トラキア776に登場するキャラクター。クラスはドラゴンマスター。
聖戦の系譜では親世代と子世代の両方に登場する数少ないキャラクターだが、
親世代ではほぼイベントのみでの登場となり、対決する事は出来ない。
トラキアの国王で、貧しい国を救うため他国へ傭兵に出たり、北トラキアを侵略したりしている。
3章でシャガールに雇われ、シグルド軍と交戦。
5章ではランスリッターを砂漠で奇襲し、キュアンを敗死させる。
9章では領内に進撃してきたセリス軍を迎え撃つも直前にグングニルアリオーンに託し、自害に近い形で戦死する。
祖国に対する感情は非常に強く、国民がセリス軍を侵略者として迎え撃たんとするように支持も高いが、
聖戦9章の村を訪れた時の会話などからトラバントのやり方を不安に思っている国民も少なからずいるようである。
また、リーフにとってはキュアンの仇ではあるが、セリスは当初トラキアを敵対視していなかったようで
トラキアとの戦争を渋っているなど、悪役と言うよりは第三勢力な色が強い。
砂漠でキュアンを奇襲したり、コープルを人質にとってハンニバルを戦わせたりと
周到で冷酷なイメージがあるが、国に対する感情やアルテナを実子のように育てるなど敵以外には寛大と言える。
ユニットとしては基本能力の優秀さは勿論追撃見切り待ち伏せ
スキルが豊富なため正面から戦うと被害が大きくなるので、魔法の間接攻撃が有効。
因みに5章と比較すると下がっているステータスが存在する