トルバドール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トルバドール

聖戦の系譜から登場した女性用騎兵ユニット。
騎兵でありながら杖が使えるので、いわば走る救急箱。
上限値は今ひとつながら回復役として戦場を走り回っていた。
パラディンになると槍が使えたが、トルバドール自体は戦闘ユニットではないので
結局杖や護身用の剣で最後まで進むのがオチだった。
ただ、該当キャラのエスリンは普通に魔力の伸びが悪く回復係としてはいまいち。
ナンナもアゼル父でないかぎりは調整しないとほとんど魔力が上がらなかったり。

トラキア776においては炎の剣の魔力+5の効果を受けられるため
実はプリーストよりもライブなどの回復力が高くなるなど意外なところで差が出、
魔力=魔防なトラキアでは24章以降のダークマージの山を軒並みシャットアウト出来てしまう。
さらにエリートの剣を持たせれば二倍の速度で経験が得られるという優良ユニットとなった。
欠点はトルバドール(パラディン)であるナンナ、アマルダ共に魔力の伸びが低いぐらいだった。

封印からはシステム変化により杖しか使えなくなった。
だが、クラスチェンジにより理魔法を使えるようになり、戦闘に回復と今までどおりのマルチユニットだった。
上級職のヴァルキュリアは封印ではセシリアが該当し、その弱さゆえにネタにされたりした。
その反動もあってか、烈火以降はそこそこの能力で安定している。

そして封印・烈火の闘技場におけるダークホース。取得経験値が少ない・無駄に速いなど
上級職を育てる際はソードマスターやバーサーカーにも引けをとらない嫌がらせユニットだったり。

本来は中世ヨーロッパの吟遊詩人の総称。
歌や踊りを通じ、キリスト教に拘りない真理を伝えて廻った人々を指す。
それがどうして騎士の兵種名の一つになったのかは不明である。