ナーシェン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナーシェン

封印の剣に登場するベルン三竜将の一人でドラゴンマスター
だが、自分が世界で最も美しく強いと強く思いこんでいる強烈なナルシストぶりから、
ブルーニャマードックの二人の竜将に比べて人望は薄い。

トラキア776に登場するケンプフと同じで部下を大事に思っておらず、
特にエトルリア軍のクーデター辺りではミスルの古城の防衛を中間管理職のフレアーに押しつけたり、
ナバタの里への侵攻を傭兵に丸投げしたりと、その無責任ぶりが露骨になっている。
挙げ句の果てには様々な失敗によってマードックに責任を負わされ、
竜将の座を後輩ゲイルに奪われそうになった事で半ば自暴自棄のような形でロイ達と対決する事となった。

ケンプフと違って戦闘能力は意外と高く、飛行特効を無視するデルフィの守りを装備しているが、
盗賊で守りを盗んでエイルカリバーであっさり倒せる。
初登場時にクラリーネからスッポン呼ばわりされる事に始まり、
その後失敗や奇怪な言動が面白いように続く為、その最期まで強烈なネタとして扱われている。
漫画版ではゲーム以上に性格が壊れており、
主人公アルを突然息子呼ばわりした事で呆れられ、
竜石で変身したアルに斬られた後に部下のジードに殺害された。

関連
三竜将】【ツァイス】【ファイアーエムブレム 覇者の剣】【私がほしいのは…キサマだああああああああ!!!