ナーシル

ナーシル

蒼炎の軌跡に登場する竜鱗族の男性。孫にイナがいる。
初めはアイクらがベグニオンに渡るためにガリア王の計らいで船を用意し、
アイク一行の動向をガリアへ伝えていたが、
実はデイン側にも情報を漏らしたりミストメダリオンを盗んだりしたスパイだった。
クリミア軍には漆黒の騎士を倒した場合に参戦するが、
倒せなかった場合は漆黒の騎士と共に行方不明となる。

イナと比べると戦闘能力が段違いに強いので即戦力になる。
なお、竜鱗族はキャパシティが豊富なため、
待ち伏せ』『怒り』『勇将』の超凶悪スキルコンボを成立させることが可能。

また、暁の女神では攻撃が魔力依存となり、射程も2になるなど攻撃能力が大幅に上昇した。
しかも魔力の初期値が化身後に48あるにも関わらずスキル『治癒』を付けられる上に化身の宝珠を持っている。
さらに所持スキルである『白の波動』は周囲のユニットの
「速さ」と「魔力」を+5できるため、アスタルテ戦では非常に重宝する。
…などといった理由で、あまりにもナーシルが強力なため、
2ちゃんねるではサザをナーシル引換券と呼ぶ者までいる。