ナバール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナバール

暗黒竜紋章の謎に登場するキルソード持ちの剣士。クラス傭兵CC勇者)。
『紅の剣士』の二つ名を持つ。
全体的な期待成長はオグマと双璧をなすが如くトップクラスであり、特に速さ成長率が高い。
必殺の一撃もキルソード無しでもぽんぽん出すが、
初期体力は心もとなく、必殺を連発してダメージが蓄積し、『やっつけ負け』を起こしやすい。
必殺で敵を倒すことから紋章の謎においてはわざ こううん ぶきレベルにも注意。

オグマとはライバル同士だったらしく、第2部ではオグマからその様子を伺うことも出来る。
また箱田版暗黒竜では二人の因縁の出会いの様子が描かれていた。
OVAでは2刀流の剣士として描かれている(CV:子安武人)。

シーダに「女子供を斬る剣は持たない」と言うが、
逃げ遅れたレナを容赦なく必殺の一撃で斬り殺したりする時点で真実かどうかは怪しいものだ。
第2部では、盗賊に追われていたフィーナを助けたために彼女に懐かれることになる。
最後は必ず風のように去っていく。

クール、長髪、美形の3拍子そろったキャラで、以後ナバール系と呼ばれるキャラたちの元祖となった。