ナンナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナンナ

聖戦の系譜で仲間になるキャラ。
ラケシスの娘でクラストルバドールパラディン
ラケシスがバーハラの悲劇後にレンスターに身を寄せた為、リーフと共に育てられた。

7章冒頭で反乱に失敗しレンスター城にリーフ・フィンと共に孤立してる状態でシナリオは開始される。
また8章でもレンスター城の防衛のためにリーフ・フィンと共に派遣された状態でスタートする。
イベント会話も豊富で兄のデルムッドや従兄弟のアレス、血縁関係時のフィンと。
カップル会話が用意されているのはリーフ・アレス・セリス
パラレルな話とはいえ トラキア776の展開を知っているとリーフ以外とくっつくと気まずいかも。

戦力的にはラケシスの娘なのでデフォルトでヘズルの血(傍系)・『カリスマ』を持っている。
父親の組み合わせが(デルムッドの事も考えると)回復係として
重要な魔力が伸びにくい成長率になることが多いのが辛い所。
と言っても走るライブ係と捉えるならそれ程問題はないのかも。
また特殊剣も残念ながら受け継がない。


トラキア776でも登場し、リーフが主人公になった事もありヒロインに昇格。
拉致されたりホメロスを怒りのビンタ+泣き落としで説得したりと実にヒロインしてる。
ゲーム中でフィンを「お父様」と呼んでいるが実の父親なのかは諸般の事情によって不明。
EDではリーフと結婚、新トラキア王国の王妃となる事に。

戦力としては専用武器大地の剣』をひっさげて、
怒りナンナ】戦法で地雷ユニットとして活躍を期待できるが、
聖戦同様魔力の成長率は高くない(10%。聖戦士の書炎の剣でカバーすることは出来るが)。
またロプトの剣を打ち破る『ブラギの剣』を(わざわざナンナに使わせる必要はないが)装備する事も出来る。


余談になるが北欧神話ではフォルセティの母親。