怒り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

怒り

スキル制の作品に登場するスキルの一つ。

  • 聖戦の系譜
    自分のHPが半分以下になっていると攻撃が必ず必殺攻撃となる効果。
    待ち伏せとのコンビネーションも可能だが実現できるのは、
    アーダンorレックスが父親のアーサーティニーなので能力値的には苦しいか。
    また有名なフォルアーサーは怒り状態でフォルセティを使えるのでかなり強力。

    関連【ティルテュ】【リンダ】【ユリウス

  • トラキア776
    聖戦の系譜の怒りから変更され、HPの制限が無くなり代わりに、
    反撃時にのみ必ず必殺攻撃が出るというようになった。
    この変更の為、待ち伏せと組み合わせてもほぼ効果が無い。(ベオの剣も参照の事)
    怒りMを使う事で誰でも覚えられるが、
    効果が大きい分、投入する場面を間違えるとやっつけ負けしてしまいがち。
    親和性が高いプージでなぎ倒していくオーシン怒りナンナ戦法など、
    シリーズ中では一番派手な効果と言っていいだろう。

    関連【ブライトン】【サラ】【ゼーベイア】【ミランダ

  • 蒼炎の軌跡
    自分のHPが半分以下になっていると必殺率が50%アップと
    今までの『怒り』の効果からは弱まった感もあるが、
    発動条件が同じ勇将とのコンビネーションは強力(勇将+怒りも参照の事)。
    怒りの書を使う事でキャパシティがあるなら誰でも覚えられる。

    関連【ネフェニー

  • 暁の女神
    自分のHPが20%以下の時に%+バイオリズム補正の確率で
    必殺率が50%アップという発動条件に変更された。
    条件がかなり厳しいので、発動したらややもするとやっつけ負けに繋がってしまう死にスキルに。
    エディの豆腐ぶりに一役買ってしまっている。
    ミカヤなら癒しの手を使ってある程度安全に発動できるが、
    その状態で攻撃されてしまうとリセット一直線になってしまうだろう。

    関連【ニアルチ