月光剣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月光剣

聖戦の系譜とトラキア776で登場したスキルの一つ。ゲーム中での表記は「げっこう剣」。
技の数値分%の確率で発動し、命中率100%で防御力無視の攻撃を放てる。
防御無視で敵アーマーをさっくり倒すのは気持ちが良いが、
予想外に発動するとやっつけ負けを起こす時もあるので、頭の片隅に発動した時の事も想定しておくべきだろう。

聖戦では、親世代ではホリンが所持。
子世代へは、太陽剣などと同様に「下級クラスで剣を扱える歩兵」にしか継承できない。
候補はスカサハラクチェパティリーンの4人だが、
スカラクだと発動判定順の都合上流星剣の影に埋もれがち。
パティ・リーンは剣レベルが血統ボーナスで上がる事もあり、普段よりも戦闘に参加しやすくなる。

トラキアではマリータガルザスが所持。
またルート次第の入手になるが「げっこうM」を使う事で誰でも修得することができる。

ソファラの領主の息子のホリンやリボーの王子であったガルザス、その娘のマリータが習得している辺り、
イザークにおける陰の剣術流派の必殺剣といった物なのかもしれない。