ニルス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニルス

烈火の剣に登場するバード。ニニアンの弟。
確実な記述はないが、本編のイベントからネルガルの息子と思われる。
人竜戦役には加わらず、ナバダ砂漠に隠れた神竜とちがい、別の世界に逃れた氷竜のハーフ。
紋章の謎に出てくる氷竜神殿のようなところで他の竜がエレブに行かないために神殿を守護していたが、
二人の持つ次元の扉を自由に開くことの出来る能力に目をつけたネルガルによってエレブに戻ることになる。

クラスはバードだが、聖戦の系譜のレヴィンのように戦闘能力は持たず、『奏でる』による再行動を可能にする。
成長率はニニアンと一緒だが、驚異的な成長率を誇り最終的には防御や回避率がトップクラスになることもしばし。
壁になる非戦闘員というのも珍しい。
ニニアンがエリウッドと結ばれた場合、ニルスは一人で元いた世界に帰って行った。
ちなみに、ニルスが倒れるイベントでは元の姿のおかげか、重量が物凄いことになっている。

旅をしていた時、自らの幼い容貌も世渡りに利用していたようだが
リン編で起きた姉にまつわる事件によって人間不信が深まったきらいがあり、
姉のエリウッドへ寄せる想いに関しても、悲観的な観方に留まっていた。
ヘクトルやリンの熱血ぶりに少しだけ心を開くものの、残念ながら支援関係には至らない。

可愛げのあるお子様のポジションにはニノが、ナビゲーション役としては占い師の老女がおり、
再行動役も後半までニニアンが担当しているとあって、結果的にどうしても影が薄くなってしまう。
初めからそういう演出を狙っていたのだろうとは推測できるのだが…