盗む


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

盗む

盗賊専用のコマンドで初出はトラキア776。
踊りなどと同様、コマンドを実行すれば100%の確率で成功し、一定の経験値を得る。
細かな仕様は作品毎に違う。

このコマンドがその真価を発揮するのはトラキア776である。
「盗む」を実行するキャラの体格以下の全てのアイテムを盗めるので、敵の武器を強奪するという荒技が可能。
魔道書は軽いので魔法系ユニットの天敵であり、
体格を育てあげればほぼ全ての武器が盗めるので、大抵のユニットを無力化できた。
また実行キャラと対象キャラのアイテム枠を交換するという仕様だったため、
要らないアイテムを押し付けて重要アイテムを奪ったり、
またアイテムを交換し続けることで安全かつ半永久的なレベル上げが可能である。
さすがにあんまりだと思ったのだろう、
以降のGBAシリーズでは盗める物は道具に限られ、
アイテム欄に空欄が無い場合は盗むコマンドを実行できない仕様に変更された。
しかし転職アイテムやドーピングアイテム・回復アイテムや鍵などを盗めるので、
重宝するコマンドであることには変わりはない。

蒼炎の軌跡からは力の値が盗むもの重さ(装備してなければ武器も可)、
相手の速さより自分の速さが大きくければ盗める。
なので、蒼炎ではスリープを使えば貴重な武器も盗め、終章では光S武器のレクスオーラも盗める。
(ただし確率は低い。賢者のフルパラでもスリープが当たるのは50%ほど)

暁の女神では、武装解除と、小手調べ等の寸止めスキルで盗みたい放題になる。
なにかと資金が不足しやすい暁では重宝するスキルだろう。