ハーケン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハーケン

烈火の剣に登場する勇者。
エリウッドの父、エルバートに随伴してネルガル討伐に当たっていたフェレ騎士団唯一の生き残り。
ネルガルにエルバートが拉致された後、ネルガルと黒い牙の繋がりを知り、一矢報いるため黒い牙内部に潜入していた。
その際にエリウッド達と再会を果たす。(『四牙襲来』では潜入中のハーケンと思しき人物が登場する)
フェレ家に仕える前はとある侯爵家に仕えており、その主君に忠誠を裏切られた暗い過去を持つ。
騎士の鑑とも言うべき実直で忠義に篤い性格。反面、生真面目が過ぎて融通が利かない部分もある。
同じフェレ騎士のイサドラとは婚約者の間柄である。

登場章は25章(27章)『闇の白い花』。
エリウッドをはじめとするフェレ家縁者、及びヘクトル、オズインなどで話すことで仲間に。
同じ章で登場するカレルとは2択。
寝返りキャラとはいえ主君上司、挙句の果てには婚約者を目の前にしても容赦なく攻撃してくるのは如何なものか。

最初から上級Lv8とかなり高レベルで加入するだけあり即戦力どころか即エース級の強さ。
力・技は20を超えており他の能力もバランス良く高め。
ヘクトル編ハードでは補正が懸かり、初期で力23とカンスト間近で登場することも。成長率もそれなりにある。
初期装備の勇者の剣は彼が所持する一振りしか入手出来ない。欠点は支援相手にレギュラー級が少ないことぐらいか。
ちなみに「烈火の剣のあるきかた」の企画でカレルとの対戦が行われたが
(初期装備で6戦、鉄の剣同士で6戦の計12戦)全勝している。
上記の結果に加え、斧を扱える、ハード補正が入る、という点を考えると実用性ではハーケンに軍配が上がるだろう。