バイオリズム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイオリズム

蒼炎から登場、暁にも採用されたシステム。
各ユニット(敵も含む)に上下するグラフを持たせ、その値によって命中・回避が左右される。

蒼炎では5本線で示され、水平線より上なら好調、下なら不調となる。
変化量は回避命中がスキルなしで±5、気分屋で±10、安定で±2に変化量がかわる。
これにより、最大±30命中が変化する。

暁では絶好調、絶不調が追加され、±10%まで変化し、これにより最大±40%命中が変化する。
また財宝の発見率やスキル発動率も上下する。
この2つについてはどの程度変化するのかは不明。
絶好調と絶不調の差が大きいことは確かである。

正直あまり気にせずとも進める事が出来るので、これに注意するプレイヤーは少ないだろう。