ジョルジュ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョルジュ

暗黒竜と光の剣/紋章の謎/新・暗黒竜と光の剣に登場するアカネイアのスナイパー。
アカネイア五大貴族の一つメニディ侯ノアの息子で「大陸一の弓騎士」とも呼ばれる。
初めから上級職のスナイパーであり、武器レベルも高く、
容易にパルティアを持てるだけのレベルに到達する。

紋章の謎第一部ではシナリオ削除で仲間になる場所がペラティからノルダに変更された。
第二部でもアカネイアの追手としてあちこちで顔を出してくるためイベントでの出番は多く、
顔グラフィックも美形と優遇されてはいるのだが、成長率は極めて低い。
それでもスナイパーの基本性能だけでそこそこ戦っていけるため、
ゴードンを育て損ねたプレイヤーには、ありがたい存在になるだろう。

新・暗黒竜では上級職キャラが軒並みパラメータ面で不遇である事や、
兵種変更システムで(ゴードンがヘタレたとしても)他のキャラでも事足りてしまう立ち位置、
支援がマルス以外から発生しない事など様々な点から「大陸一(笑)」などとネタにされている。

新・紋章の謎では、マルスでも説得が可能に。マイユニットとの拠点会話で彼の背景が詳しく明かされた。
彼の出身であるメニディ家は元々とりたてて武才や名声のある一族では無かったのだが、
先見性と権謀術数にだけは優れ、どちらにつけば勝ち馬に乗れるかを計算し、
相手の心をつかむことで権力を保ってきていた。
大陸一の名も一族が名声のために付けたもので、彼自身は自分の実力がそこまで高くないことは自覚している。
彼自身は一族の打算を嫌い、自由な生き方をしたいと一族の望んだミディアとの政略結婚を破談にさせたが、
しかし一族の者によれば彼もメニディ家の計算高さを受け継いでいるらしく、
彼自身それを嫌いながらも頼らざるを得ないという面もある。
実際彼がカシミア大橋で砦の防衛をしていたのも、
反発することでハーディンに拠点防衛という弓兵にとっては死地に赴かせるような命令を出させ、
アリティア側からは脅威ではない位置に待機して
縁のあるマルス達の側に寝返れるように計算したのではないか・・・と推測されている。
新・紋章の謎の会話の増加によって大きく印象の変わったキャラの一人だろう。
能力は最終的に下級職からの叩き上げにかなわないのは変わらないが、
最初から弓レベルAと高いため、その後の章にたびたび登場する飛竜を落とすために力を借りることもあるだろう。

関連
だが、ジュルジュよ。