バルキリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バルキリー(杖)

聖戦の系譜に登場する杖で十二神器の一つ、「聖杖―」。
大司祭ブラギの末裔であるエッダ家の直系の者のみが使用できる。
ゲーム中ではクロード神父とその息子(ただし杖が使えるセティorコープル限定)のみが使用可能。
長年行方不明になっていたが、クロードがクルト王子暗殺の真相を探るために訪れたブラギの塔で発見し、
以後、彼が持ち出す事になる。

使用効果は暗黒竜&紋章におけるオームの杖と同様で、戦死したキャラを復活させられる。
効果は強力な反面、使用回数はわずか1回。
修理価格も3万ゴールドもの大金がかかるので乱用はまず出来ないだろう。
また毎ターンセーブ出来る聖戦ではそうそう戦死者は出ない
(プレイ方法にもよるが即リセットされやすい)ので、
『親世代で本来意図したものとは異なるカップルが成立しそうになった時に男性キャラをわざと死亡させ、
無事カップルが成立したあとに殺したキャラを生き返らせる』といった使い方をされる事が多い。

またクロードにカップルが出来ても、
フュリーorシルヴィア以外とのカップルの場合は、
息子が杖を使えないのでバルキリーがアイテム欄を喰うだけの存在になってしまうのが痛い。
そのため継承者無し、もしくは継承しても使えないという憂き目にあいやすい不遇な神器。
バルキリーが使い辛いとしてもブラギの血の補正効果は有用なのが救いだろうか?