ハンニバル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハンニバル

聖戦の系譜に登場する将軍。クラスはジェネラル
トラキア王国装甲騎士団を束ねる武人であり、「トラキアの盾」とまで呼ばれる誇り高き名将。
若い頃から戦場で生きてきたため妻子はいないが、孤児を引き取って育ててきた。
初登場は9章。カパトギア城に駐留していたが、解放軍が北トラキアとの国境ミーズ城を陥落させたため、
国王トラバントから出撃を命令される。王に対して戦いの無意味さを説くも、
戦いを強行しようとする彼に反対しきれず出陣を決意。
しかしその忠誠を疑ったトラバントにより、養子のコープル(あるいはシャルロー)を人質に取られてしまう。
彼を仲間にするためには、彼を撃破せず、カパトギア城を制圧せず通り過ぎて、
一足飛びにルテキア城を制圧することで救出されるコープル(シャルロー)が説得を行う必要がある。
ルテキア制圧前にハンニバルを倒すと、彼に加えてコープル(シャルロー)も仲間とならないので注意。
聖戦で最後に加入するユニットとなるだろう。
スキルとして連続、待ち伏せ、兵種スキルで大盾を持ち、様々な高レベル武器を持てるが結局は歩みの遅い重歩兵。
老体故か成長率は低く神族による成長補正もないため、
各キャラが育っている終盤に第一線で活躍するのは難しいだろう。

また、トラキア776でもイベントで登場。
レイドリックを本気で恐れさせたあたり、「トラキアの盾」の名が伊達ではないことを示している。
リーフをレンスターの王子だと見抜きつつも見逃したり、レンスター残党を山荘に匿ったり手元で育てたりと、
本来敵のはずの相手に対して陰ながら協力的な姿勢を見せた。
トラキアという国家に対しては忠誠を誓いつつも、トラバントのやり方に対しては無理を感じていたのだろう。

聖戦終結後はトラキアへと帰還。トラキア776のEDによればミーズ城に赴任し、南北統一に貢献したらしい。