ジル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジル

蒼炎の軌跡・暁の女神に登場するドラゴンナイト。
11章で敵ユニットとして初登場し、12章で仲間になる。

デイン将軍の娘として生まれ育ち、徹底的な反ラグズ思想を植えつけられてきた。
しかし、アイク達と共に戦うレテ、モゥディやゴルドアの竜鱗族の姿を見、
反ラグズ思想を疑問に思いアイク一行に付いて行く事にした。
ゲーム終盤ではラグズを嫌う事をやめ、
支援しだいではラグズであるレテと友情を深めるまでに至る。
物語中最も精神的に成長したであろうキャラで、蒼炎の影の主役と呼ばれることも。

また、ゲーム的には大きな罠が仕掛けられているユニット。
20章でジルの父であるシハラムと戦う事になるのだが、
ここでジルとシハラムを会話させると、なんと戦闘中にもかかわらずジルが裏切る。
「血縁なら会話があるだろう」「シハラムが仲間になるだろう」などと考えたり、
敵が寝返る事には慣れても自軍から寝返る事など考えもしない、
FEに慣れたプレイヤーほど引っかかりやすい。
一応ミストと支援Aがあれば会話をしても裏切りは回避できるのだが、気付かずに裏切られたプレイヤー多数。

関連
ハール