マカロフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マカロフ

蒼炎及びの登場人物。
クラスは蒼炎ではソードナイト、暁では剣騎将(ブレイドナイト)

蒼炎では14章で登場し、妹であるマーシャが説得(という名の恫喝)をすると仲間になる。

賭け事好きで大量の借金を抱え込んでいる借金大王で、
人にたかったり、人の財布を当てにしたりするダメ人間で、
借金取りから逃げ回っているうちに妹にまで夜逃げさせたダメ兄貴でもある。
自分でも自覚があるらしく、なおさら始末が悪い。

しかし根は悪い奴では無いようで、マーシャの事を気にかけている様子。
戦闘になってもどこぞのバカ兄貴のように気がつかないまま殺しちゃったりはしない。
そのかわり妹のほうが気がついていながら返り討ちにして殺してしまうという「事故」が起こり得る。
これではもはや命をかけたギャグとしか言いようが無い。

ユニットとしては力と守備に優れた成長率を持っており、
育て上げればさながらアーマーナイトのような感覚で使うことが出来る。
しかし、四人の騎兵の中で登場が最も遅い、
槍持ちの敵が増えてくる中盤参入だが使用武器が剣、
ライバルが恒例女の子、美形じゃない、と使うには悪条件が多い。
ちなみに、マカロフの幸運初期値は8。マーシャの幸運初期値は4。理不尽である。

蒼炎で仲間になった際、アイクに借金を肩代わりしてもらったが、
代わりに返済し切るまでただ働きを強要されることになる。
支援会話では同郷のステラに惚れられてしまう。

蒼炎の戦いが終わり、結局そのまま妹についていく形でクリミア王宮騎士団に入団。
相変わらずのぐうたらぶりで、同僚である妹にどやされる毎日である。

ステラと支援Aだと、彼女に押し切られる形で結婚してしまう。
騎士団の規律が緩いせい(と妹共々女王直々の斡旋だったせい)か、
奇跡的に退団を免れているらしい。