魔戦士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔戦士

ファイアーエムブレム外伝で登場したクラス。
傭兵系の最上級で、剣士からクラスチェンジする。
直前のクラスが「剣士」である為か、たまに魔「剣」士と間違えられる。
背負った剣に手を掛けた瞬間姿が消え、敵の目の前に飛び込んで斬るという、まるで忍者のような動きをする。
技・素早さはもちろん、クラスチェンジ時に魔防が大幅上昇するという、隙のない仕上がりになっている。
移動力も徒歩クラスにしては多い方である。

だが何よりも特筆すべき事は、ここから更に村人にクラスチェンジできる事だろう。
これにより、傭兵系を選択し続ければ無限に成長する事が可能という恐ろしい事態になる。
村人達は、最終的にはこれかボウナイト辺りに落ち着くだろう。

ファイアーエムブレム 覚醒でDLCとして久々の再登場。
DLCの王対王 聖戦編をクリアすることでクラスチェンジアイテムである魔戦士の巻物が手に入る。
また、同じくクリア時に加入する異界のアルムの初期クラスでもある。
上級職ではなく踊り子村人と同じレベル30まで上がる特殊兵種なため注意が必要。

外伝に出てきた魔戦士を意識してか和風な衣装となっており、
肩には狐の面、背中には刀と、世界観的に軽く浮いている出で立ちである。
戦闘モーションも外伝のそれを意識した動きとなっており、
画面外まで跳躍し、しばらくの滞空時間ののち真上から切りつけるというなかなか格好良い動き。
しかし、残念ながら背中の刀は飾りのようである。

変化した点としては、使用武器がある。剣だけでなく斧と魔道書扱えるようになった。
これにより複数の武器を使い分ける器用な戦い方ができるクラスになった。
また、前衛系なイメージのクラスではあるが魔道士系のキャラクターのCC先としても悪くはない。

スキルは、Lv1で魔防+10、Lv15で居合一閃を習得する。
どちらも10もの数値が変動する強力なスキルである。
これらのスキルは子供に受け継がせることができない。

パラメータ限界値はヴァルキュリアソーサラーに次ぐ第3位の魔防を中心に、
どのパラメータも40前後の高めの水準でバランスの良い数値になっている。
限界値の合計を見ても、同じDLCクラスの花嫁に次ぐ高さである。