EFFECTフォルダ

各ファイルがそれぞれ一つのエフェクトになっている。
battle.binの14D37C~14d670と対応している
くわしくはそちらで
+ エフェクト対応表
+ ◆エフェクトファイルの構成
改造例(召還獣の絵を消去)

1.変更したいエフェクトのBINファイルをエフェクト対応表から調べてimgからコピー
2.吸出しFFTSPRで吸い出したbitmapファイルを用意。
3.吸い出したファイルをバイナリエディタで開き、頭から76h目(ファイルヘッダ)までコピー。
4.エフェクトファイルをバイナリエディタで開き先頭から挿入する。このとき元のファイルのバックアップをとっておく。
5.挿入したバイナリは、12hから4バイトが画像の幅、16hから4バイトがファイルの高さになっているはず。
6.召還のエフェクト画像は幅が512(00000200h)になっているようなのでバイナリエディタで幅を調整する。
7.次に高さを適当(256:00000100hぐらい)に調整する。
8.拡張子をBINからbmpにする。画像の下のほうはおそらくエフェクトのプログラムなので絵になっていないが
  高ささらに調整してを256以上にすればおそらく召還獣の画像らしきものが見えてくるはず。
9.バイナリエディタで高さを表示できるギリギリまで上げる(画像サイズをデータサイズ以上にすると表示されなくなる)。
10.bitmap編集で召還獣の画像らしきところをすべて黒で塗りつぶして保存。
11.拡張子をBINに戻す。
12.ファイルサイズをバックアップファイルと比較すると少し小さくなっているはず。
13.バイナリエディタで減ったバイト分だけ最後尾に00を付け足しファイルサイズを同じにする。
14.FFTWRITEで未使用領域に適当に書き込む。
15.BNEでbattle.binを編集する。