部品構造


  • 大部品: 沢邑勝海(T20) RD:54 評価値:9
    • 大部品: 沢邑勝海 RD:54 評価値:9
      • 大部品: 沢邑勝海の来歴 RD:2 評価値:1
        • 部品: メードが仕事
        • 部品: 滅私の人
      • 大部品: 沢邑勝海の人間関係 RD:2 評価値:1
        • 部品: 谷口竜馬との関係
        • 部品: サコン・ウザエモンとの関係
      • 大部品: 沢邑勝海の職歴 RD:50 評価値:9
        • 大部品: ファイターパイロット RD:40 評価値:9
          • 部品: ファイターパイロットとは
          • 部品: 厳しい選抜
          • 部品: 要求される基礎能力
          • 部品: 数学
          • 部品: 肉体能力
          • 部品: 視力
          • 部品: 判断力
          • 部品: 語学
          • 部品: 方向感覚
          • 部品: 猫、犬の耐性
          • 部品: 犬士や猫士もファイターパイロットになれる
          • 大部品: 基礎訓練課程 RD:8 評価値:5
            • 部品: 基礎訓練過程とは
            • 部品: 対G訓練
            • 部品: 体力作り
            • 部品: 独楽訓練
            • 部品: 歩兵練習
            • 部品: 行進
            • 部品: 生活態度
            • 部品: 思想教育
          • 大部品: パイロット、コパイロットの座学 RD:10 評価値:5
            • 部品: 座学
            • 部品: 航空法規
            • 部品: 国際法
            • 部品: 機体構造知識
            • 部品: 戦闘理論
            • 部品: 戦術学
            • 部品: 操作座学
            • 部品: 実戦記録から学ぶ
            • 部品: 老人の語り
            • 部品: 見学ツアー
          • 大部品: 実技訓練 RD:8 評価値:5
            • 部品: 実技訓練とは
            • 部品: 機材暗記
            • 部品: シミュレーション訓練
            • 部品: 練習機での訓練
            • 部品: 初等訓練 おっかなびっくり
            • 部品: 中等訓練 慣れたあたりでやらかす
            • 部品: 高等訓練 いよいよ使い物に
            • 部品: 模擬戦
          • 大部品: いよいよ教育過程終了、実戦配備 RD:3 評価値:2
            • 部品: テスト
            • 部品: 部隊配備後の訓練
            • 部品: 機種転換訓練
        • 大部品: 雑務メード RD:10 評価値:5
          • 大部品: 雑務メードの環境 RD:4 評価値:3
            • 部品: 雑務メードの定義・別名
            • 部品: 雑務メードになるもの
            • 部品: 雑務メードの業務形態
            • 部品: 雑務メードのキャリアアップ
          • 大部品: メードの職業倫理 RD:2 評価値:1
            • 部品: 雇用者たちとの信頼関係
            • 部品: メード達のネットワーク
          • 大部品: メードの仕事 RD:4 評価値:3
            • 部品: 清掃
            • 部品: 洗濯
            • 部品: 調理
            • 部品: 伝達業務



部品定義


部品: メードが仕事

共和国で長らくメードをやっており、当人曰く仕事は大体こなせる。一番よくやったのは衣装作りで、ウェディングドレスから着ぐるみまで縫ってやったとの事。

部品: 滅私の人

国の有事の際、率先して炊き出しや難民支援に協力。年に一度のバレンタインではチョコレートをばら撒き、民衆には好かれていた。

部品: 谷口竜馬との関係

谷口竜馬は、元は第五世界の学兵であったが、学友達を救うため旅をレムーリアを旅してきた筋肉系青少年であり、沢邑勝海の超お気に入りである。帝国皇帝ウェスタに気に入られて養子に迎えられてしまい、慌てた沢邑が一時星鋼京に身を寄せることになったり、管理番長十二神将・迅雷の力石との戦いを経てなんか色々あったり多少恋愛的にイイ感じになったが、最終局面であった試練で緊急発生した夢の剣の事件でそのままうやむやになった。その後も何度も会っており、仲はいいが試練が影響してるのかそれ以上になれない状況である。

部品: サコン・ウザエモンとの関係

沢邑勝海が所持していたメイド喫茶の常連でキノウツン藩国のムラマサ3コンビ。過去に何回か沢邑から直接チョコレートをもらっている珍しい設定国民。谷口とは殺し合い(と言う名の手合わせ)を何度か行っている仲である。

部品: ファイターパイロットとは

ファイターパイロットとは戦闘任務を遂行する訓練を受けたパイロットである。性格上軍に所属し、厳しい管理を受ける。

部品: 厳しい選抜

ファイターパイロットは誰でもなれるわけではない。厳しい受験とさらに厳しい訓練を経て卒業試験を行ってようやくなる事が出来る。

部品: 要求される基礎能力

ファイターパイロットになるための第一関門としてファイターパイロット教育課程に進めるかのテストが行われる。以下のテストが行われる。

部品: 数学

ファイターパイロットは数学的知識が必須である。飛行や宇宙航行は物理学の世界であり、ある程度そこを理解していないとまともな運用ができないためだ。

部品: 肉体能力

ファイターパイロットは体力仕事である。Gや衝撃に振り回され減圧に血流異常に負傷まであり得るからだ。体力のない者はなる事ができない。

部品: 視力

多くの国ではパイロットの視力要求を緩和しているが、一部の国では未だ視力を重要視している。センサーを信用していないわけではないが、回避には影響すると信じられている。

部品: 判断力

ファイターパイロットは桁違いに高速な世界に生きている。一瞬の判断で生死が分かれるために判断力は人間の限界に近い域を求められる。

部品: 語学

ファイターパイロットは無線通信を行わないと行けない。ここで聞き逃したり、発音がしっかりしてないと間違った情報を発信してしまう。このため正しい発音と意図の把握をする力が求められる。

部品: 方向感覚

ファイターパイロットは急激な機動で方向を見失う時が度々ある。もちろん致命的な事態でそうならないように高い方向感覚を持つものが選抜される。

部品: 猫、犬の耐性

勤務上どうしても犬士、猫士との付き合いが必要にる。このため動物に対して嫌わない、敬意を持つ、長時間付き合っても大丈夫、むやみに触らない、お利口などが要求される。もちろん犬や猫の場合でもこれらは求められる。

部品: 犬士や猫士もファイターパイロットになれる

受験資格に規制がないために、これらでも普通に受験できる。役に立てば何でも良いのだ。実際、毎年たくさんの犬士や猫士が試験を受ける。

部品: 基礎訓練過程とは

 軍人として基礎的な訓練を行うことを言う。この段階では専門的な教育ではなく、軍事関係各職業一緒に訓練を行う。

部品: 対G訓練

およそ現代の軍人でGとは無関係なのは事務職だけである。このため程度はあるものの、誰もが耐G訓練を受ける。遠心力で振り回され、航空機上でひっくり返され、ひどい目にあう。

部品: 体力作り

とかく体力がないとやって行けないのが軍人である。走り込みし、懸垂し、背嚢に石を詰めて長時間歩かされ、徹夜で作業させられて鍛えられる。

部品: 独楽訓練

耐G訓練と一緒に目を回さないように独楽のようにスピンされる訓練がある。酔いやすい場合は転属を余儀なくされるが手術で改善することもできる。乗り物で輸送される関係で歩兵もやらされる。

部品: 歩兵練習

すべての軍は歩兵でもあれと歩兵の訓練も受ける。と言っても専門機材などは使わずアスレチックとライフル銃の訓練くらいである。

部品: 行進

実戦上の意味をとうになくしたとはいえ、行進は国民受けするので今でも訓練を行う。納税者対応というところだが立派だと自分たちの士気も上がるので意外にどこも頑張っている。

部品: 生活態度

自分の体調を整えるもの軍人の仕事だが、同時に他人に合わせる事も仕事である。好き勝手にやれる仕事ではないのだ。このため軍隊式に生活態度は修正される。

部品: 思想教育

裏切りられたらたまったものではないし、自分の思想信条を盾に規律を乱されても困る。そこで思想教育である。自由は軍隊にないのだ。たとえ自由を守るための軍であろうとも。

部品: 座学

座学はパイロット、コパイロット両方に共通である。コパイロットの方が数を要する関係で性格上動物の方が多い。猫、猫、俺、猫、犬、とかで座席が並ぶ事もよくある。

部品: 航空法規

航空宇宙、あるいは道路などの交通法規を教わる。退屈で眠くて仕方のない不人気授業なのだが、社会との繋がりという意味でこれを履修していない軍人を飛ばすわけにはいかない。

部品: 国際法

交戦などに関する国際法を教わる。条約を結んだ敵と戦うなど歴史上稀なのだが、技術力が高ければ理性もあるかもと、捕虜の人道的扱いなども含めて叩きこまれる。

部品: 機体構造知識

機械と付き合う関係で原理から仕組みまで理解させられる。故障時はもちろん、使いこなしで差が出るのできちんと教える。動作原理を知っていれば回避できる問題は多い。

部品: 戦闘理論

搭乗する機体に合わせた戦闘理論を教えられる。戦闘機なら旋回するほどエネルギーを失う。だからエネルギーを失わないように一撃離脱を行うなど、各カテゴリーの基礎を教わる。

部品: 戦術学

各機体の戦う理論は分かっても一歩進んで集団戦になるとまた色々と変わってくることが多い。戦術学では集団戦のセオリーと集団の中の自分の位置付け、求められる役割を教わる。

部品: 操作座学

各機体の機上操作を座学で教わる。主たる操縦系は直感的なものであまり困るようなことはないが軍用装備はとかく補機類が面倒臭い。

部品: 実戦記録から学ぶ

座学も後期になると実戦記録を元に戦闘を統合的に分析し、ノウハウを教わる授業が増える。EV85やEV102の戦いなどから戦術戦闘術を学ぶ。

部品: 老人の語り

座学では戦闘経験者の語りが聞かされる。多くのパイロットはこの授業を真剣に聞く。明日は我が身というわけだ。長命であるプレイヤーが呼ばれることもある。

部品: 見学ツアー

座学では基地見学ツアーがある。知識と経験を融合するための儀式のようなもので実際に基地の装備を見てスイッチ類に触れる。気分が盛り上がる学生が多い。

部品: 実技訓練とは

実技訓練とは名前の通り実際に機体を動かすことである。コストの関係で練習機を用いる。操作に失敗すれば最悪殉職もあるので教官は気を使う。

部品: 機材暗記

操作座学で学んだことを実際乗る前にテストされる。機上で覚えていませんでしたはまったく許されない。学生は必死に暗記する。自分の机前に印刷した紙のコクピットを作るものもいる。

部品: シミュレーション訓練

実際に機体に乗せる前にコンピューターシミュレーションで機体操縦を模擬経験させる。操縦席周りの機材類は本物を使用した本格的なものである。

部品: 練習機での訓練

シミュレーション過程が終了するといよいよ実際の機上訓練である。教官と乗り込んで訓練を行う。安全のため教官席にも操縦装置が備わっている。

部品: 初等訓練 おっかなびっくり

初等訓練では基本的な操作を教わる。機上訓練時間は20時間である。初等練習機を運用する。パイロット候補生は頻繁にミスをやらかして教官からどやされる。

部品: 中等訓練 慣れたあたりでやらかす

中等訓練は機上訓練時間20から100時間に相当する。毎日二時間乗っても50日掛かるという長い時間をかけた訓練だ。アクロバットや戦闘装備の操作をやらされる。少し慣れたあたりで失敗するものが多いので教官はいつも目を光らせている。

部品: 高等訓練 いよいよ使い物に

高等訓練では教官が乗っておらず、自身の判断で操縦を行う。実機を用いて訓練するのでほぼこの時点で実戦に耐えうる能力を獲得する。六十時間程度がカリキュラムによって定められる。

部品: 模擬戦

高等訓練の終わりになると模擬戦が頻繁に行われる。熱くなって事故、殉職もかなり出る。それでも訓練効果は高く、死者が出ても平然と続行される。

部品: テスト

模擬戦を重ねたら、いよいよ教育課程卒業試験だ。実戦形式で教官と戦う。大抵教官になぶられて終わるが勝つのが目的ではなく善戦が目的である。負けても卒業は出来るのだ。内容次第である。

部品: 部隊配備後の訓練

テストを合格したファイターパイロットは実戦配備されて部隊に着任する。部隊では割と問題になるのがこの新人で、教官より厳しい目で評価され、足りない部分は部隊の訓練で補正される。今度は新人からベテランへの長い道があるのだ。

部品: 機種転換訓練

機材の関係で配備部隊と教育課程の装備が異なる時がよくある。こういう時は部隊着任後に機種転換訓練が行われる。部隊としてははやく使い物になってほしいのでかなりハードな訓練になる。

部品: 雑務メードの定義・別名

雑務メードは、 雇われで屋敷での雑務を行う職業の広義の総称である。
藩国の土地柄、生活形態により「使用人」「女中」「家政婦」など様々な名称で呼ばれている。

部品: 雑務メードになるもの

主に身分の低い女性や、育児を終えた母親などが多いが、この仕事でしっかり働いて手に技術をつけるとつぶしが効くためか、意外と性別は問わないようだ。

部品: 雑務メードの業務形態

住み込みが一番オーソドックスではあるが、最近は時間を決めて職場である屋敷に通ってもらうパートタイマー制の業務形態も増えている。
また、屋敷だけはなく、店舗や各種施設などでも雑務のために雇用されることがある。

部品: 雑務メードのキャリアアップ

身分が低い者でも、どこかの屋敷や施設で雇ってもらえれば、後は地道に仕事をこなし、その技術を上げることでさらに収入を得る事ができる世界である。
一つの技術を突き詰めると、個人の店を持つのも夢ではないと言われている。

部品: 雇用者たちとの信頼関係

彼女らは不当に雇用者を貶めたりはしない。腕一本でのし上がる世界だからこそ雇用者との誠実な信頼関係が重要なのである。

部品: メード達のネットワーク

いくらこちらが礼を尽くしても酷い雇用者は存在する。
あまりにもひどい場合は回避するようにそれとなくメード同士で噂が立つ。
とは言え、あからさまな流言飛語は己の信頼をなくす事に直結しているので、自分が見た事実しか話さないように心がけている。

部品: 清掃

清掃は家屋を維持するための基本行為である。
溜まった埃をぬぐい、床を掃き清め、美しく拭き仕上げると言ったシンプルな行為ではあるが、屋敷の維持に一番必要とされる技能である

部品: 洗濯

汚れた布はこまめに洗い、天日に干して清潔に保ち、必要ならアイロンで皺を伸ばす。そうやって丁寧かつ清潔に洗われたリネン類や衣服は見栄えや手触りも良い。
細々とした仕事であるが、衛生的で文化的な生活には必要不可欠の存在である。

部品: 調理

便宜上調理となっているが、限られた予算内での食材の買い出しから始まり、食卓の準備から料理の製作まで作業は様々である。調理作業に手慣れてきた者になると、余った手元の食材や限られた燃料だけでも美味しいものが作れるようになる。

部品: 伝達業務

メイドの業務上、来客への接客や金銭が絡む状況が出てくることがある。
そのため、仕事仲間・雇用主に対する報告・連絡・相談は明確かつ確実に行う事が必要とされる。



提出書式


 大部品: 沢邑勝海(T20) RD:54 評価値:9
 -大部品: 沢邑勝海 RD:54 評価値:9
 --大部品: 沢邑勝海の来歴 RD:2 評価値:1
 ---部品: メードが仕事
 ---部品: 滅私の人
 --大部品: 沢邑勝海の人間関係 RD:2 評価値:1
 ---部品: 谷口竜馬との関係
 ---部品: サコン・ウザエモンとの関係
 --大部品: 沢邑勝海の職歴 RD:50 評価値:9
 ---大部品: ファイターパイロット RD:40 評価値:9
 ----部品: ファイターパイロットとは
 ----部品: 厳しい選抜
 ----部品: 要求される基礎能力
 ----部品: 数学
 ----部品: 肉体能力
 ----部品: 視力
 ----部品: 判断力
 ----部品: 語学
 ----部品: 方向感覚
 ----部品: 猫、犬の耐性
 ----部品: 犬士や猫士もファイターパイロットになれる
 ----大部品: 基礎訓練課程 RD:8 評価値:5
 -----部品: 基礎訓練過程とは
 -----部品: 対G訓練
 -----部品: 体力作り
 -----部品: 独楽訓練
 -----部品: 歩兵練習
 -----部品: 行進
 -----部品: 生活態度
 -----部品: 思想教育
 ----大部品: パイロット、コパイロットの座学 RD:10 評価値:5
 -----部品: 座学
 -----部品: 航空法規
 -----部品: 国際法
 -----部品: 機体構造知識
 -----部品: 戦闘理論
 -----部品: 戦術学
 -----部品: 操作座学
 -----部品: 実戦記録から学ぶ
 -----部品: 老人の語り
 -----部品: 見学ツアー
 ----大部品: 実技訓練 RD:8 評価値:5
 -----部品: 実技訓練とは
 -----部品: 機材暗記
 -----部品: シミュレーション訓練
 -----部品: 練習機での訓練
 -----部品: 初等訓練 おっかなびっくり
 -----部品: 中等訓練 慣れたあたりでやらかす
 -----部品: 高等訓練 いよいよ使い物に
 -----部品: 模擬戦
 ----大部品: いよいよ教育過程終了、実戦配備 RD:3 評価値:2
 -----部品: テスト
 -----部品: 部隊配備後の訓練
 -----部品: 機種転換訓練
 ---大部品: 雑務メード RD:10 評価値:5
 ----大部品: 雑務メードの環境 RD:4 評価値:3
 -----部品: 雑務メードの定義・別名
 -----部品: 雑務メードになるもの
 -----部品: 雑務メードの業務形態
 -----部品: 雑務メードのキャリアアップ
 ----大部品: メードの職業倫理 RD:2 評価値:1
 -----部品: 雇用者たちとの信頼関係
 -----部品: メード達のネットワーク
 ----大部品: メードの仕事 RD:4 評価値:3
 -----部品: 清掃
 -----部品: 洗濯
 -----部品: 調理
 -----部品: 伝達業務
 
 
 部品: メードが仕事
 共和国で長らくメードをやっており、当人曰く仕事は大体こなせる。一番よくやったのは衣装作りで、ウェディングドレスから着ぐるみまで縫ってやったとの事。
 
 部品: 滅私の人
 国の有事の際、率先して炊き出しや難民支援に協力。年に一度のバレンタインではチョコレートをばら撒き、民衆には好かれていた。
 
 部品: 谷口竜馬との関係
 谷口竜馬は、元は第五世界の学兵であったが、学友達を救うため旅をレムーリアを旅してきた筋肉系青少年であり、沢邑勝海の超お気に入りである。帝国皇帝ウェスタに気に入られて養子に迎えられてしまい、慌てた沢邑が一時星鋼京に身を寄せることになったり、管理番長十二神将・迅雷の力石との戦いを経てなんか色々あったり多少恋愛的にイイ感じになったが、最終局面であった試練で緊急発生した夢の剣の事件でそのままうやむやになった。その後も何度も会っており、仲はいいが試練が影響してるのかそれ以上になれない状況である。
 
 部品: サコン・ウザエモンとの関係
 沢邑勝海が所持していたメイド喫茶の常連でキノウツン藩国のムラマサ3コンビ。過去に何回か沢邑から直接チョコレートをもらっている珍しい設定国民。谷口とは殺し合い(と言う名の手合わせ)を何度か行っている仲である。
 
 部品: ファイターパイロットとは
 ファイターパイロットとは戦闘任務を遂行する訓練を受けたパイロットである。性格上軍に所属し、厳しい管理を受ける。
 
 部品: 厳しい選抜
 ファイターパイロットは誰でもなれるわけではない。厳しい受験とさらに厳しい訓練を経て卒業試験を行ってようやくなる事が出来る。
 
 部品: 要求される基礎能力
 ファイターパイロットになるための第一関門としてファイターパイロット教育課程に進めるかのテストが行われる。以下のテストが行われる。
 
 部品: 数学
 ファイターパイロットは数学的知識が必須である。飛行や宇宙航行は物理学の世界であり、ある程度そこを理解していないとまともな運用ができないためだ。
 
 部品: 肉体能力
 ファイターパイロットは体力仕事である。Gや衝撃に振り回され減圧に血流異常に負傷まであり得るからだ。体力のない者はなる事ができない。
 
 部品: 視力
 多くの国ではパイロットの視力要求を緩和しているが、一部の国では未だ視力を重要視している。センサーを信用していないわけではないが、回避には影響すると信じられている。
 
 部品: 判断力
 ファイターパイロットは桁違いに高速な世界に生きている。一瞬の判断で生死が分かれるために判断力は人間の限界に近い域を求められる。
 
 部品: 語学
 ファイターパイロットは無線通信を行わないと行けない。ここで聞き逃したり、発音がしっかりしてないと間違った情報を発信してしまう。このため正しい発音と意図の把握をする力が求められる。
 
 部品: 方向感覚
 ファイターパイロットは急激な機動で方向を見失う時が度々ある。もちろん致命的な事態でそうならないように高い方向感覚を持つものが選抜される。
 
 部品: 猫、犬の耐性
 勤務上どうしても犬士、猫士との付き合いが必要にる。このため動物に対して嫌わない、敬意を持つ、長時間付き合っても大丈夫、むやみに触らない、お利口などが要求される。もちろん犬や猫の場合でもこれらは求められる。
 
 部品: 犬士や猫士もファイターパイロットになれる
 受験資格に規制がないために、これらでも普通に受験できる。役に立てば何でも良いのだ。実際、毎年たくさんの犬士や猫士が試験を受ける。
 
 部品: 基礎訓練過程とは
  軍人として基礎的な訓練を行うことを言う。この段階では専門的な教育ではなく、軍事関係各職業一緒に訓練を行う。
 
 部品: 対G訓練
 およそ現代の軍人でGとは無関係なのは事務職だけである。このため程度はあるものの、誰もが耐G訓練を受ける。遠心力で振り回され、航空機上でひっくり返され、ひどい目にあう。
 
 部品: 体力作り
 とかく体力がないとやって行けないのが軍人である。走り込みし、懸垂し、背嚢に石を詰めて長時間歩かされ、徹夜で作業させられて鍛えられる。
 
 部品: 独楽訓練
 耐G訓練と一緒に目を回さないように独楽のようにスピンされる訓練がある。酔いやすい場合は転属を余儀なくされるが手術で改善することもできる。乗り物で輸送される関係で歩兵もやらされる。
 
 部品: 歩兵練習
 すべての軍は歩兵でもあれと歩兵の訓練も受ける。と言っても専門機材などは使わずアスレチックとライフル銃の訓練くらいである。
 
 部品: 行進
 実戦上の意味をとうになくしたとはいえ、行進は国民受けするので今でも訓練を行う。納税者対応というところだが立派だと自分たちの士気も上がるので意外にどこも頑張っている。
 
 部品: 生活態度
 自分の体調を整えるもの軍人の仕事だが、同時に他人に合わせる事も仕事である。好き勝手にやれる仕事ではないのだ。このため軍隊式に生活態度は修正される。
 
 部品: 思想教育
 裏切りられたらたまったものではないし、自分の思想信条を盾に規律を乱されても困る。そこで思想教育である。自由は軍隊にないのだ。たとえ自由を守るための軍であろうとも。
 
 部品: 座学
 座学はパイロット、コパイロット両方に共通である。コパイロットの方が数を要する関係で性格上動物の方が多い。猫、猫、俺、猫、犬、とかで座席が並ぶ事もよくある。
 
 部品: 航空法規
 航空宇宙、あるいは道路などの交通法規を教わる。退屈で眠くて仕方のない不人気授業なのだが、社会との繋がりという意味でこれを履修していない軍人を飛ばすわけにはいかない。
 
 部品: 国際法
 交戦などに関する国際法を教わる。条約を結んだ敵と戦うなど歴史上稀なのだが、技術力が高ければ理性もあるかもと、捕虜の人道的扱いなども含めて叩きこまれる。
 
 部品: 機体構造知識
 機械と付き合う関係で原理から仕組みまで理解させられる。故障時はもちろん、使いこなしで差が出るのできちんと教える。動作原理を知っていれば回避できる問題は多い。
 
 部品: 戦闘理論
 搭乗する機体に合わせた戦闘理論を教えられる。戦闘機なら旋回するほどエネルギーを失う。だからエネルギーを失わないように一撃離脱を行うなど、各カテゴリーの基礎を教わる。
 
 部品: 戦術学
 各機体の戦う理論は分かっても一歩進んで集団戦になるとまた色々と変わってくることが多い。戦術学では集団戦のセオリーと集団の中の自分の位置付け、求められる役割を教わる。
 
 部品: 操作座学
 各機体の機上操作を座学で教わる。主たる操縦系は直感的なものであまり困るようなことはないが軍用装備はとかく補機類が面倒臭い。
 
 部品: 実戦記録から学ぶ
 座学も後期になると実戦記録を元に戦闘を統合的に分析し、ノウハウを教わる授業が増える。EV85やEV102の戦いなどから戦術戦闘術を学ぶ。
 
 部品: 老人の語り
 座学では戦闘経験者の語りが聞かされる。多くのパイロットはこの授業を真剣に聞く。明日は我が身というわけだ。長命であるプレイヤーが呼ばれることもある。
 
 部品: 見学ツアー
 座学では基地見学ツアーがある。知識と経験を融合するための儀式のようなもので実際に基地の装備を見てスイッチ類に触れる。気分が盛り上がる学生が多い。
 
 部品: 実技訓練とは
 実技訓練とは名前の通り実際に機体を動かすことである。コストの関係で練習機を用いる。操作に失敗すれば最悪殉職もあるので教官は気を使う。
 
 部品: 機材暗記
 操作座学で学んだことを実際乗る前にテストされる。機上で覚えていませんでしたはまったく許されない。学生は必死に暗記する。自分の机前に印刷した紙のコクピットを作るものもいる。
 
 部品: シミュレーション訓練
 実際に機体に乗せる前にコンピューターシミュレーションで機体操縦を模擬経験させる。操縦席周りの機材類は本物を使用した本格的なものである。
 
 部品: 練習機での訓練
 シミュレーション過程が終了するといよいよ実際の機上訓練である。教官と乗り込んで訓練を行う。安全のため教官席にも操縦装置が備わっている。
 
 部品: 初等訓練 おっかなびっくり
 初等訓練では基本的な操作を教わる。機上訓練時間は20時間である。初等練習機を運用する。パイロット候補生は頻繁にミスをやらかして教官からどやされる。
 
 部品: 中等訓練 慣れたあたりでやらかす
 中等訓練は機上訓練時間20から100時間に相当する。毎日二時間乗っても50日掛かるという長い時間をかけた訓練だ。アクロバットや戦闘装備の操作をやらされる。少し慣れたあたりで失敗するものが多いので教官はいつも目を光らせている。
 
 部品: 高等訓練 いよいよ使い物に
 高等訓練では教官が乗っておらず、自身の判断で操縦を行う。実機を用いて訓練するのでほぼこの時点で実戦に耐えうる能力を獲得する。六十時間程度がカリキュラムによって定められる。
 
 部品: 模擬戦
 高等訓練の終わりになると模擬戦が頻繁に行われる。熱くなって事故、殉職もかなり出る。それでも訓練効果は高く、死者が出ても平然と続行される。
 
 部品: テスト
 模擬戦を重ねたら、いよいよ教育課程卒業試験だ。実戦形式で教官と戦う。大抵教官になぶられて終わるが勝つのが目的ではなく善戦が目的である。負けても卒業は出来るのだ。内容次第である。
 
 部品: 部隊配備後の訓練
 テストを合格したファイターパイロットは実戦配備されて部隊に着任する。部隊では割と問題になるのがこの新人で、教官より厳しい目で評価され、足りない部分は部隊の訓練で補正される。今度は新人からベテランへの長い道があるのだ。
 
 部品: 機種転換訓練
 機材の関係で配備部隊と教育課程の装備が異なる時がよくある。こういう時は部隊着任後に機種転換訓練が行われる。部隊としてははやく使い物になってほしいのでかなりハードな訓練になる。
 
 部品: 雑務メードの定義・別名
 雑務メードは、 雇われで屋敷での雑務を行う職業の広義の総称である。 
 藩国の土地柄、生活形態により「使用人」「女中」「家政婦」など様々な名称で呼ばれている。
 
 部品: 雑務メードになるもの
 主に身分の低い女性や、育児を終えた母親などが多いが、この仕事でしっかり働いて手に技術をつけるとつぶしが効くためか、意外と性別は問わないようだ。
 
 部品: 雑務メードの業務形態
 住み込みが一番オーソドックスではあるが、最近は時間を決めて職場である屋敷に通ってもらうパートタイマー制の業務形態も増えている。 
 また、屋敷だけはなく、店舗や各種施設などでも雑務のために雇用されることがある。
 
 部品: 雑務メードのキャリアアップ
  身分が低い者でも、どこかの屋敷や施設で雇ってもらえれば、後は地道に仕事をこなし、その技術を上げることでさらに収入を得る事ができる世界である。
  一つの技術を突き詰めると、個人の店を持つのも夢ではないと言われている。
 
 部品: 雇用者たちとの信頼関係
 彼女らは不当に雇用者を貶めたりはしない。腕一本でのし上がる世界だからこそ雇用者との誠実な信頼関係が重要なのである。
 
 部品: メード達のネットワーク
 いくらこちらが礼を尽くしても酷い雇用者は存在する。 
 あまりにもひどい場合は回避するようにそれとなくメード同士で噂が立つ。 
 とは言え、あからさまな流言飛語は己の信頼をなくす事に直結しているので、自分が見た事実しか話さないように心がけている。
 
 部品: 清掃
 清掃は家屋を維持するための基本行為である。 
 溜まった埃をぬぐい、床を掃き清め、美しく拭き仕上げると言ったシンプルな行為ではあるが、屋敷の維持に一番必要とされる技能である
 
 部品: 洗濯
 汚れた布はこまめに洗い、天日に干して清潔に保ち、必要ならアイロンで皺を伸ばす。そうやって丁寧かつ清潔に洗われたリネン類や衣服は見栄えや手触りも良い。 
 細々とした仕事であるが、衛生的で文化的な生活には必要不可欠の存在である。
 
 部品: 調理
 便宜上調理となっているが、限られた予算内での食材の買い出しから始まり、食卓の準備から料理の製作まで作業は様々である。調理作業に手慣れてきた者になると、余った手元の食材や限られた燃料だけでも美味しいものが作れるようになる。
 
 部品: 伝達業務
 メイドの業務上、来客への接客や金銭が絡む状況が出てくることがある。 
 そのため、仕事仲間・雇用主に対する報告・連絡・相談は明確かつ確実に行う事が必要とされる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "沢邑勝海(T20)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "沢邑勝海",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "沢邑勝海の来歴",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "メードが仕事",
                 "description": "共和国で長らくメードをやっており、当人曰く仕事は大体こなせる。一番よくやったのは衣装作りで、ウェディングドレスから着ぐるみまで縫ってやったとの事。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "滅私の人",
                 "description": "国の有事の際、率先して炊き出しや難民支援に協力。年に一度のバレンタインではチョコレートをばら撒き、民衆には好かれていた。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "沢邑勝海の人間関係",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "谷口竜馬との関係",
                 "description": "谷口竜馬は、元は第五世界の学兵であったが、学友達を救うため旅をレムーリアを旅してきた筋肉系青少年であり、沢邑勝海の超お気に入りである。帝国皇帝ウェスタに気に入られて養子に迎えられてしまい、慌てた沢邑が一時星鋼京に身を寄せることになったり、管理番長十二神将・迅雷の力石との戦いを経てなんか色々あったり多少恋愛的にイイ感じになったが、最終局面であった試練で緊急発生した夢の剣の事件でそのままうやむやになった。その後も何度も会っており、仲はいいが試練が影響してるのかそれ以上になれない状況である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "サコン・ウザエモンとの関係",
                 "description": "沢邑勝海が所持していたメイド喫茶の常連でキノウツン藩国のムラマサ3コンビ。過去に何回か沢邑から直接チョコレートをもらっている珍しい設定国民。谷口とは殺し合い(と言う名の手合わせ)を何度か行っている仲である。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "沢邑勝海の職歴",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "id": 42934,
                 "title": "ファイターパイロット",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-23 09:37:47.574491",
                 "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.574491",
                 "children": [
                   {
                     "id": 42935,
                     "title": "ファイターパイロットとは",
                     "description": "ファイターパイロットとは戦闘任務を遂行する訓練を受けたパイロットである。性格上軍に所属し、厳しい管理を受ける。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.57756",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.57756",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42936,
                     "title": "厳しい選抜",
                     "description": "ファイターパイロットは誰でもなれるわけではない。厳しい受験とさらに厳しい訓練を経て卒業試験を行ってようやくなる事が出来る。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.595242",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.595242",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42937,
                     "title": "要求される基礎能力",
                     "description": "ファイターパイロットになるための第一関門としてファイターパイロット教育課程に進めるかのテストが行われる。以下のテストが行われる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.60914",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.60914",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42938,
                     "title": "数学",
                     "description": "ファイターパイロットは数学的知識が必須である。飛行や宇宙航行は物理学の世界であり、ある程度そこを理解していないとまともな運用ができないためだ。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.622379",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.622379",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42939,
                     "title": "肉体能力",
                     "description": "ファイターパイロットは体力仕事である。Gや衝撃に振り回され減圧に血流異常に負傷まであり得るからだ。体力のない者はなる事ができない。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.63666",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.63666",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42940,
                     "title": "視力",
                     "description": "多くの国ではパイロットの視力要求を緩和しているが、一部の国では未だ視力を重要視している。センサーを信用していないわけではないが、回避には影響すると信じられている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.651758",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.651758",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42941,
                     "title": "判断力",
                     "description": "ファイターパイロットは桁違いに高速な世界に生きている。一瞬の判断で生死が分かれるために判断力は人間の限界に近い域を求められる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.665339",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.665339",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42942,
                     "title": "語学",
                     "description": "ファイターパイロットは無線通信を行わないと行けない。ここで聞き逃したり、発音がしっかりしてないと間違った情報を発信してしまう。このため正しい発音と意図の把握をする力が求められる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.682142",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.682142",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42943,
                     "title": "方向感覚",
                     "description": "ファイターパイロットは急激な機動で方向を見失う時が度々ある。もちろん致命的な事態でそうならないように高い方向感覚を持つものが選抜される。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.696785",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.696785",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42944,
                     "title": "猫、犬の耐性",
                     "description": "勤務上どうしても犬士、猫士との付き合いが必要にる。このため動物に対して嫌わない、敬意を持つ、長時間付き合っても大丈夫、むやみに触らない、お利口などが要求される。もちろん犬や猫の場合でもこれらは求められる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.710957",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.710957",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42945,
                     "title": "犬士や猫士もファイターパイロットになれる",
                     "description": "受験資格に規制がないために、これらでも普通に受験できる。役に立てば何でも良いのだ。実際、毎年たくさんの犬士や猫士が試験を受ける。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.72545",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.72545",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 42946,
                     "title": "基礎訓練課程",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.740913",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:45:31.475336",
                     "children": [
                       {
                         "id": 42947,
                         "title": "基礎訓練過程とは",
                         "description": " 軍人として基礎的な訓練を行うことを言う。この段階では専門的な教育ではなく、軍事関係各職業一緒に訓練を行う。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.742222",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.742222",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42948,
                         "title": "対G訓練",
                         "description": "およそ現代の軍人でGとは無関係なのは事務職だけである。このため程度はあるものの、誰もが耐G訓練を受ける。遠心力で振り回され、航空機上でひっくり返され、ひどい目にあう。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.756558",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.756558",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42949,
                         "title": "体力作り",
                         "description": "とかく体力がないとやって行けないのが軍人である。走り込みし、懸垂し、背嚢に石を詰めて長時間歩かされ、徹夜で作業させられて鍛えられる。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.772056",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.772056",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42950,
                         "title": "独楽訓練",
                         "description": "耐G訓練と一緒に目を回さないように独楽のようにスピンされる訓練がある。酔いやすい場合は転属を余儀なくされるが手術で改善することもできる。乗り物で輸送される関係で歩兵もやらされる。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.786352",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.786352",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42951,
                         "title": "歩兵練習",
                         "description": "すべての軍は歩兵でもあれと歩兵の訓練も受ける。と言っても専門機材などは使わずアスレチックとライフル銃の訓練くらいである。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.79913",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.79913",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42952,
                         "title": "行進",
                         "description": "実戦上の意味をとうになくしたとはいえ、行進は国民受けするので今でも訓練を行う。納税者対応というところだが立派だと自分たちの士気も上がるので意外にどこも頑張っている。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.814278",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.814278",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42953,
                         "title": "生活態度",
                         "description": "自分の体調を整えるもの軍人の仕事だが、同時に他人に合わせる事も仕事である。好き勝手にやれる仕事ではないのだ。このため軍隊式に生活態度は修正される。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.828451",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.828451",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42954,
                         "title": "思想教育",
                         "description": "裏切りられたらたまったものではないし、自分の思想信条を盾に規律を乱されても困る。そこで思想教育である。自由は軍隊にないのだ。たとえ自由を守るための軍であろうとも。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.842626",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.842626",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       }
                     ],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     },
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "id": 42955,
                     "title": "パイロット、コパイロットの座学",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:47.874841",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.874841",
                     "children": [
                       {
                         "id": 42956,
                         "title": "座学",
                         "description": "座学はパイロット、コパイロット両方に共通である。コパイロットの方が数を要する関係で性格上動物の方が多い。猫、猫、俺、猫、犬、とかで座席が並ぶ事もよくある。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.876011",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.876011",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42957,
                         "title": "航空法規",
                         "description": "航空宇宙、あるいは道路などの交通法規を教わる。退屈で眠くて仕方のない不人気授業なのだが、社会との繋がりという意味でこれを履修していない軍人を飛ばすわけにはいかない。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.889028",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.889028",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42958,
                         "title": "国際法",
                         "description": "交戦などに関する国際法を教わる。条約を結んだ敵と戦うなど歴史上稀なのだが、技術力が高ければ理性もあるかもと、捕虜の人道的扱いなども含めて叩きこまれる。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.902582",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.902582",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42959,
                         "title": "機体構造知識",
                         "description": "機械と付き合う関係で原理から仕組みまで理解させられる。故障時はもちろん、使いこなしで差が出るのできちんと教える。動作原理を知っていれば回避できる問題は多い。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.91546",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.91546",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42960,
                         "title": "戦闘理論",
                         "description": "搭乗する機体に合わせた戦闘理論を教えられる。戦闘機なら旋回するほどエネルギーを失う。だからエネルギーを失わないように一撃離脱を行うなど、各カテゴリーの基礎を教わる。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.929296",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.929296",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42961,
                         "title": "戦術学",
                         "description": "各機体の戦う理論は分かっても一歩進んで集団戦になるとまた色々と変わってくることが多い。戦術学では集団戦のセオリーと集団の中の自分の位置付け、求められる役割を教わる。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.981616",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.981616",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42962,
                         "title": "操作座学",
                         "description": "各機体の機上操作を座学で教わる。主たる操縦系は直感的なものであまり困るようなことはないが軍用装備はとかく補機類が面倒臭い。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:47.996044",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:47.996044",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42963,
                         "title": "実戦記録から学ぶ",
                         "description": "座学も後期になると実戦記録を元に戦闘を統合的に分析し、ノウハウを教わる授業が増える。EV85やEV102の戦いなどから戦術戦闘術を学ぶ。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.009843",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.009843",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42964,
                         "title": "老人の語り",
                         "description": "座学では戦闘経験者の語りが聞かされる。多くのパイロットはこの授業を真剣に聞く。明日は我が身というわけだ。長命であるプレイヤーが呼ばれることもある。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.021788",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.021788",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42965,
                         "title": "見学ツアー",
                         "description": "座学では基地見学ツアーがある。知識と経験を融合するための儀式のようなもので実際に基地の装備を見てスイッチ類に触れる。気分が盛り上がる学生が多い。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.03404",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.03404",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       }
                     ],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     },
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "id": 42966,
                     "title": "実技訓練",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:48.063547",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.063547",
                     "children": [
                       {
                         "id": 42967,
                         "title": "実技訓練とは",
                         "description": "実技訓練とは名前の通り実際に機体を動かすことである。コストの関係で練習機を用いる。操作に失敗すれば最悪殉職もあるので教官は気を使う。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.064774",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.064774",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42968,
                         "title": "機材暗記",
                         "description": "操作座学で学んだことを実際乗る前にテストされる。機上で覚えていませんでしたはまったく許されない。学生は必死に暗記する。自分の机前に印刷した紙のコクピットを作るものもいる。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.076883",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.076883",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42969,
                         "title": "シミュレーション訓練",
                         "description": "実際に機体に乗せる前にコンピューターシミュレーションで機体操縦を模擬経験させる。操縦席周りの機材類は本物を使用した本格的なものである。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.089353",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.089353",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42970,
                         "title": "練習機での訓練",
                         "description": "シミュレーション過程が終了するといよいよ実際の機上訓練である。教官と乗り込んで訓練を行う。安全のため教官席にも操縦装置が備わっている。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.102527",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.102527",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42971,
                         "title": "初等訓練 おっかなびっくり",
                         "description": "初等訓練では基本的な操作を教わる。機上訓練時間は20時間である。初等練習機を運用する。パイロット候補生は頻繁にミスをやらかして教官からどやされる。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.116339",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.116339",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42972,
                         "title": "中等訓練 慣れたあたりでやらかす",
                         "description": "中等訓練は機上訓練時間20から100時間に相当する。毎日二時間乗っても50日掛かるという長い時間をかけた訓練だ。アクロバットや戦闘装備の操作をやらされる。少し慣れたあたりで失敗するものが多いので教官はいつも目を光らせている。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.130576",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.130576",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42973,
                         "title": "高等訓練 いよいよ使い物に",
                         "description": "高等訓練では教官が乗っておらず、自身の判断で操縦を行う。実機を用いて訓練するのでほぼこの時点で実戦に耐えうる能力を獲得する。六十時間程度がカリキュラムによって定められる。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.143782",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.143782",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42974,
                         "title": "模擬戦",
                         "description": "高等訓練の終わりになると模擬戦が頻繁に行われる。熱くなって事故、殉職もかなり出る。それでも訓練効果は高く、死者が出ても平然と続行される。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.160399",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.160399",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       }
                     ],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     },
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "id": 42975,
                     "title": "いよいよ教育過程終了、実戦配備",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "created_at": "2017-08-23 09:37:48.188543",
                     "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.188543",
                     "children": [
                       {
                         "id": 42976,
                         "title": "テスト",
                         "description": "模擬戦を重ねたら、いよいよ教育課程卒業試験だ。実戦形式で教官と戦う。大抵教官になぶられて終わるが勝つのが目的ではなく善戦が目的である。負けても卒業は出来るのだ。内容次第である。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.189532",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.189532",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42977,
                         "title": "部隊配備後の訓練",
                         "description": "テストを合格したファイターパイロットは実戦配備されて部隊に着任する。部隊では割と問題になるのがこの新人で、教官より厳しい目で評価され、足りない部分は部隊の訓練で補正される。今度は新人からベテランへの長い道があるのだ。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.204328",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.204328",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 42978,
                         "title": "機種転換訓練",
                         "description": "機材の関係で配備部隊と教育課程の装備が異なる時がよくある。こういう時は部隊着任後に機種転換訓練が行われる。部隊としてははやく使い物になってほしいのでかなりハードな訓練になる。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-23 09:37:48.217589",
                         "updated_at": "2017-08-23 09:37:48.217589",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 91,
                           "name": "瀬戸口まつり"
                         }
                       }
                     ],
                     "character": {
                       "id": 91,
                       "name": "瀬戸口まつり"
                     },
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 91,
                   "name": "瀬戸口まつり"
                 },
                 "expanded": false
               },
               {
                 "title": "雑務メード",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "雑務メードの環境",
                     "part_type": "group",
                     "children": [
                       {
                         "title": "雑務メードの定義・別名",
                         "description": "雑務メードは、 雇われで屋敷での雑務を行う職業の広義の総称である。 \n藩国の土地柄、生活形態により「使用人」「女中」「家政婦」など様々な名称で呼ばれている。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "雑務メードになるもの",
                         "description": "主に身分の低い女性や、育児を終えた母親などが多いが、この仕事でしっかり働いて手に技術をつけるとつぶしが効くためか、意外と性別は問わないようだ。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "雑務メードの業務形態",
                         "description": "住み込みが一番オーソドックスではあるが、最近は時間を決めて職場である屋敷に通ってもらうパートタイマー制の業務形態も増えている。 \nまた、屋敷だけはなく、店舗や各種施設などでも雑務のために雇用されることがある。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "雑務メードのキャリアアップ",
                         "description": " 身分が低い者でも、どこかの屋敷や施設で雇ってもらえれば、後は地道に仕事をこなし、その技術を上げることでさらに収入を得る事ができる世界である。\n 一つの技術を突き詰めると、個人の店を持つのも夢ではないと言われている。",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "メードの職業倫理",
                     "part_type": "group",
                     "children": [
                       {
                         "title": "雇用者たちとの信頼関係",
                         "description": "彼女らは不当に雇用者を貶めたりはしない。腕一本でのし上がる世界だからこそ雇用者との誠実な信頼関係が重要なのである。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "メード達のネットワーク",
                         "description": "いくらこちらが礼を尽くしても酷い雇用者は存在する。 \nあまりにもひどい場合は回避するようにそれとなくメード同士で噂が立つ。 \nとは言え、あからさまな流言飛語は己の信頼をなくす事に直結しているので、自分が見た事実しか話さないように心がけている。",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "メードの仕事",
                     "part_type": "group",
                     "children": [
                       {
                         "title": "清掃",
                         "description": "清掃は家屋を維持するための基本行為である。 \n溜まった埃をぬぐい、床を掃き清め、美しく拭き仕上げると言ったシンプルな行為ではあるが、屋敷の維持に一番必要とされる技能である",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "洗濯",
                         "description": "汚れた布はこまめに洗い、天日に干して清潔に保ち、必要ならアイロンで皺を伸ばす。そうやって丁寧かつ清潔に洗われたリネン類や衣服は見栄えや手触りも良い。 \n細々とした仕事であるが、衛生的で文化的な生活には必要不可欠の存在である。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "調理",
                         "description": "便宜上調理となっているが、限られた予算内での食材の買い出しから始まり、食卓の準備から料理の製作まで作業は様々である。調理作業に手慣れてきた者になると、余った手元の食材や限られた燃料だけでも美味しいものが作れるようになる。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "伝達業務",
                         "description": "メイドの業務上、来客への接客や金銭が絡む状況が出てくることがある。 \nそのため、仕事仲間・雇用主に対する報告・連絡・相談は明確かつ確実に行う事が必要とされる。",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "expanded": false
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
  
添付ファイル