用語集/メーカー(あ行)

メーカー 現在ゲーム事業に関わっている国内ゲームメーカー
 あ行 / い~お / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や~わ行
メーカー(消滅) かつてゲーム事業に関わっていた国内ゲームメーカー
 あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま~わ行
メーカー(その他) 海外ゲームメーカー(現存・消滅)
シナリオ制作・周辺機器などのメーカー
  • 名作・良作まとめ@ウィキの用語集にも同趣向の記事があります。ご参照ください。


アークシステムワークス株式会社

神奈川県横浜市に本社を置くゲーム制作会社。1988年に株式会社アークとして創業し、1991年に現社名に変更している。代表作に『ギルティギア』シリーズ等。
設立は元コアランドテクノロジーのスタッフが主だとされている。 *1
1995年頃までは大手からの下請け開発が主であり、自社販売部門を立ち上げた現在でもPS2版『イースIV』や『Hard Corps: Uprising』等の開発、グラフィック面等で他社に協力したり、コラボ企画を組んだりしている。
なお、途中でスタッフがいくつか独立したため *2 、昔と今では社長を除くとスタッフはほぼ入れ替わっている。
しかし、自社販売では、インターネット黎明期の典型的なトラブル事例とされるやり取りで知られる『プリズマティカリゼーション』、声優レベルの異常な低さで知られる『ウィザーズハーモニー』、劣化移植の『STRIKERS 1945 PLUS Portable』等を販売しており、ネタの尽きないメーカーである。
格闘ゲームのバグの異常な多さでも知られており、初代『ギルティギア』はある意味『北斗』や『BASARA』の前身ともいえるぶっとんだ出来だったりする。バグのおかげで逆に傑作(異論は認める)になった例もあるが…。
所謂「バグセントコア」騒動によりKOTY候補にノミネートされた事もあり、根強いファンの多くを逃してしまった。
さすがに懲りたのか、近年は企業態度を改めサポートも良くなっている。ただし、デバッグがイマイチなのは相変わらず。移植はあまり上手くはなかったが、最近はコンシューマーへの移植度は高くなっている。
近年は『探偵神宮寺三郎』シリーズや『くにおくん』関連のパブリッシャーもしている。

株式会社アートムーヴ

「QuinRose(クインロゼ)」というブランド名で乙女ゲームを製作している会社。。
ゲームとしての出来がアレ、リリースするソフトが致命的バグ塗れ、ハードウェア破損の危険あり、劣悪極まるメーカー対応等により、乙女ゲーム界ではクソゲーメーカーとして悪名高い。
乙女的KOTYではリリース作が2007~2009で大賞に選ばれ、見事三連覇を果たした。

アイディアファクトリー株式会社

元データイーストの社員が設立した会社。子会社のコンパイルハートは実質同じ会社とされる。通称「IF」「アイエフ」。
最終目標「10000階」の前に多くのユーザーが挫けた『スペクトラルタワー』、KOTY2008に次点入りした『神代學園幻光録 クル・ヌ・ギ・ア』、他にも色々とクソゲーからガッカリゲーまで平均点以下のゲームを多数発売している。
『スペクトラルフォース』でブレイクした通称『ネバーランドシリーズ』には根強いファンがついており、『スペクトラルソウルズ』等の『ソウルズシリーズ』は相変わらずの癖のある作風ながらやりこみがいのあるゲームとしてそれなりの高評価を得ている。ただし、そのネバーランドシリーズ内でもゲームとしての出来は非常に波があり、前情報無しで新作を買うには勇気がいる。
近年では、「オトメイト」ブランドによる『薄桜鬼』『アムネシア』等の乙女ゲームをヒットさせ、いくつもアニメ化されるなど、女性向けゲームでの知名度も上がっている。
他にも過去のゲームシステムを活かした『アガレスト戦記シリーズ』(「コンパイルハート」)が、発表直後は色気方面で注目されながらも、相変わらずの癖のあるシステムながらやりこみ要素もありそれなりにファンを獲得し、一つの人気シリーズになっている。
ただし、オトメイトのゲームにも、無限ループバグ・誤字脱字の多さ・金太郎飴的な低質シナリオである等、問題点も指摘されている。
かつての代表作『ジェネレーションオブカオス』『アガレスト戦記』の最新作がクロスレビューで殿堂入りするも、これも発売後は大小様々なバグが散見した。
『ネプテューヌシリーズ』『ムゲンソウルズ』といったそこそこの評価を得ているJRPGも同様であり、昔とは危険の方向性が少々変わっているが、相変わらず前情報無しでゲームを買うのは厳しいメーカーである。
中堅メーカーながらも毎月新作を販売し、任天堂・ソニー・マイクロソフトと全てのハード陣営にタイトルを供給しているが、どうにも完成度の面で不安のある会社なので、今後の努力に期待したい。

株式会社アール

1995年創業の下請メーカー。社名の「アール(ART)」は、フランス語で芸術を意味する。コミックボンボン界の黒歴史ソフト『クロスハンター』の開発元。
『エキサイトステージ』シリーズにいくらか関わっているため、元エーマックスのスタッフが設立に参画したと思われる。
現在は主にニンテンドーDSや携帯電話コンテンツがメイン活動である。海外のゲームソフト開発としてそこそこは有名らしい。 そして2013年に、とうとうホームページに繋がらなくなってしまい、消息不明となっていたがいつのまにやら復活した。

アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社

かつてゲーム業界に大きな実績を残したアイレム株式会社 *3 のゲーム事業・版権を譲渡された会社。
旧アイレム時代から知られるゲームシリーズとしては、『スペランカーシリーズ』『R-TYPEシリーズ』『大工の源さんシリーズ』等、現アイレム時代だと『絶体絶命都市シリーズ』『ポンコツ浪漫大活劇バンピートロットシリーズ』等が有名。
ゲーム技術は確かなもので、ゲーマー納得の良作や斬新な発想を持つ意欲作を多くリリースしている良質メーカーである。しかし、ゲームシステムが複雑気味で入りにくい、作り込みが空回りして消化不良気味、といったゲームも決して少なくなく、ややハードルが高いメーカーとも言われる。
公式サイトでネタと呼ぶにはあまりにも手の込んだ壮大なるエイプリルフールネタを毎年実行する等、ゲームメーカー屈指のユーモラスな企画を定期的に行うのも特徴である。
しかし、2011年度のエイプリルフールネタを中止して以降、新作ソフトの開発中止や自社通販サイトの閉鎖、PSストアやゲームアーカイブス・バーチャルコンソールでのソフト配信の終了 *4 、中枢スタッフの退社と立て続けに良くない話が続き、先行きを危ぶむ声もあがっている。 2011年4月に九条一馬氏ら主要スタッフが独立し、株式会社グランゼーラを設立。2014年12月に、この会社が『絶体絶命都市』シリーズタイトル(新規タイトルを含む)に関する全世界でのIPおよび販売権の取得を発表した。

  • 旧アイレムのソフトについてはアイレムの項参照(本メーカーの項目のあるソフトは無し)

株式会社アイワン

ILLUSIONのブランド公式HPは成人向けのコンテンツがメインなので、ここではリンク先を表示しません

神奈川県横浜市に本社を置くアダルトゲームメーカー。かつては複数のブランドを抱えていた時期もあるが、現在は「ILLUSION」ブランドだけが活動している。
元々存在したハート電子産業から分化した。源流が同じメーカーとしては株式会社インターハートがある。
「ILLUSION」は、発足した当初は作風が劇画系orバカエロ路線でこそあったが普通のエロゲーを製作していたが *5 、90年代後半より3Dエロゲーの製作を開始し『リバーシブルフェイス~尾行2~』のヒットによりその名を一躍エロゲーユーザーに知られることとなった。
10年以上前から3Dエロゲーの製作を始めていることもあり、そちら方面での技術力はエロゲー業界内では間違いなくトップで、コンシューマーメーカーにも引けを取らない *6 。また、リアル志向3Dエロゲーを開発する上で「リアルに近づけば近づくほどキモくなるグラフィック」という3Dエロゲー特有の問題に対して、アニメ的な3Dを実践して1つの解答を示す等、新しいものにチャレンジする意欲的な会社である。
『リバーシブルフェイス~尾行2~』『人工少女シリーズ』『すくぅ~るメイト』等の評価の高いゲームが多い一方、『おっぱいスライダー2』『箱-はこ-』等の出来が良くないゲームも多く *7 、その評価は一定しない。
しかし、高い技術力に自負を持つメーカーだけあり、未完成商法や重篤なバグを出すことはほとんどない。クソゲー自体も少ないので、KOTYinエロゲー板や当Wikiとも縁遠い *8 。ただし、近年はエンジンの構築がイマイチで必要以上のスペックをユーザーに要求している点が批判されている。
コーエーのパワーアップキット商法的なものには手を出しているものの、曲芸商法や過去作の焼き直し等のエロゲーにありがちなあくどい商法はほとんどないため「修羅の国」と評されるエロゲー業界内ではかなり良心的なメーカーである。
また、2009年には「レイプレイ事件」 *9 で大バッシングを受け、一時は存続の危機にも瀕したが、ユーザーからの熱望もあってそれを乗り越えた。
しかし、その事件後に出した『勇者からは逃げられない!?』ではグラフィックでスクエニのゲームのパロディが散見されたため、ユーザーから心配された。

株式会社アクアプラス

アクアプラスの公式HPのみをリンクしています
Leaf専用の公式HPは成人向けのコンテンツがメインなので、ここではリンク先を表示しません

大阪府大阪市に本社を置く、美少女ゲームブランド「Leaf」および全年齢向けブランド「AQUAPLUS」で有名な会社。大阪と東京に開発室を持つ。ゲーム制作以外にも音楽関連事業や飲食店経営も行っている。
1999年に発売されたPS版『ToHeart』が「美少女ノベルゲーム」というジャンルを定着させるほどの大ヒットとなり、以降も『うたわれるもの』等の名作・良作を生み出している。しかし、現在は大ヒット作に恵まれず、『ToHeart2』の関連作品の乱発や新作の不出来が目立つこともあり、その求心力はやや衰えつつある。
「ビジュアルノベル」という用語の生みの親でありながらRPGやフル3Dの作品も作っており、インタビュー等から鑑みるに新しいことに積極的に挑戦する社風のようである。原画家の知名度の高さに埋もれがちだが、チャンピオンソフトやビジュアルアーツと共に音楽の重要性をエロゲ業界に認知させたことでも知られ、自社サウンドスタッフが手がける音楽も評価が高い。おまけに、傘下にレコード会社を持ち、歌手まで抱えている
大のPS好きとしても知られており、IFと並んでいち早くPS3に参入したギャルゲーメーカーでもある。「PSで『ToHeart』を出したい」という理由だけでブランドを立ち上げ、家庭用ハードで発売したソフトは『こみっくパーティー(DC)』と『テネレッツァ(Xbox)』を除く全てがPS系ハードであり、『ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地』開発時には社長直々に社員にPS3を配布したほど。こうまでしてPS系ハードに拘るのは、「PSの音に惚れ込んだから」らしい。
余談だが、2000年前後には、『痕』のおまけシナリオの盗作疑惑 *10 が2ちゃんねるで隔離掲示板「Leaf,Key掲示板(葉鍵板)」設立の引き金になったり、会社自体が関与したわけではないが「2・14事件」 *11 が起きたり、「ビジュアルノベル」をコナミに勝手に商標登録されそうになったり等、ネット界隈で色々と騒動になっていたことがある。このような会社を取り巻く厳しい環境に、悪評ばかりが伝達されやすいネットの特性が加わった結果、この頃に出した『誰彼』はエロゲとしては普通の出来だったが当時まともな評価がなされなかった。
また、一時期は角川系列にも意見できるほどの力を持っており、『電撃姫』が東京開発室の看板絵師・みつみ美里氏のトレパクで悪名高い池上茜氏を起用した際には、自社作品情報を差し止め、結果的に池上氏を降板に追い込んでいる。 2013年に同人誌ショップ「とらのあな」の経営元であるユメノソラホールディングスの子会社となった。

株式会社アクワイア

東京のゲーム開発会社。1998年に『天誅』を発表し名を馳せるが、発売元の版権譲渡に拠り不遇な時代を送る。その後『勇者のくせになまいきだ。』(発売SCE)を発表、再び注目を集るものの、一方では『剣と魔法と学園モノ。2』『ダン←ダム』『Wizardry 囚われし亡霊の街』『グラディエーターバーサス』等で据置、携帯共にKOTYスレを賑わせている、少々アクの強い会社。
最大の特徴としてはでたらめな程のパロディネタとバグがあり、特にバグについては3Dアクションで大抵のところに移動できちゃう、ミッションが終わらない、特定条件下でフリーズするなど様々で、また公式サイトに開発中に確認されたバグ画像展を設置したり、ゲームに収録された特典動画で「(現象を)楽しめるならバグとは呼ばない」と宣言するなど、開き直りめいた所も見られる。
また同特典動画内で忍者装束を着た社員による小芝居を披露したり、ゲームのキャラクターをまともに紹介する気が見られなかったりと、内輪向け臭の強い会社でもある。尚、Web上の一部で人気を博した『教えて!奈美せんせい』も同社の作品。
愛情と幾分の諦めを込めて「バグワイア」と呼ぶファンもいる。
『Wizardry 囚われし亡霊の街』『グラディエーターバーサス』では露骨なDLC商法や完全版商法を展開し、「アクドイワ」とも呼ばれるようになってしまった。
最新作『侍道4』の開発を発表したが、前作『侍道3』のXbox360への移植(完全版)で猛烈な批判を受けたことの反省からかtwitter上で“「ヒットの予感」版(注:Xbox360版)はありませぬ”と異例の表明をしている。さらに追い打ちをかけるがごとく侍道4のできの悪さからファンからはさらに不評を買った。一度失った信用を回復するのはかなり大変だろう。 こうした明らかに開発時間がたりないソフトを出したり、それに加えて露骨なDLC商法を展開したり、5年ほど開発していたPC向け和風MMORPGが開発中止となるなど、会社に余裕がないことが伺える。

株式会社アジェンダ

かつて存在したデービーソフトの社員が設立したメーカー。Macの定番宛名書きソフト『宛名職人』が主力商品であり、Winでも同ソフトや名刺作成ソフトの開発・販売を行っている。その一方で90年代初期に家庭用ゲーム開発にも参入している。2007年頃まで、ゲーム部門は『アージェント』という名前であった。
自社タイトル作品ではWiiWareがメインだが、下請けとしては任天堂が発売元となった『だれでもアソビ大全』『世界のだれでもアソビ大全』『スライドアドベンチャーマグキッド』の開発を担当している。
本サイトではツクール界のクソゲーとして悪名高いRPGツクール4の開発元として知られるが、PC向けのシューティングツクールなどの開発も担当している。
なお2013年7月にあの悪名高きドロップウェーブと共同でゲーム開発会社の「フロンティアウェーブ」を設立したのだが
その時にゲーム部門スタッフがそちらに合流した?らしく、同時期にアージェントのホームページも消えてしまい、ゲーム部門としてのアジェンダは消滅してしまった模様。

株式会社アスク

東京都新宿区に本社を置く、教育関係を中心とした総合メディア事業の会社である。講談社との共同出資により設立され、旧社名はアスク講談社であった。
近年はラーニング系の作品が中心であるが、それ以前は普通のゲームを発売していた。PCEで発売され好評を得た『ネクロスの要塞』が代表作の一つであるが、ゲームアーカイブスでスルメゲーとして再評価された『ほりあてくん』(PS)や、一部でマニアックな人気を持つ『高2→将軍』(PS)などの異色作もある。

株式会社アメディオ

下請けメーカーの一つで、主にキャラクターゲームやコミカル系ゲームの開発をメインに行う。
KOTY2008における「『メジャー』クソ三部作」の一つである『メジャーDS ドリームベースボール』を生み出した事で知られる。他の投げろ!ジャイロボール!!開発の六面堂、パーフェクトクローザー開発のドリームファクトリー、そして発売元のタカラトミーと一緒に、原作レイプメーカーとして(主に原作ファンから)冷ややかな目で見られる事になる。
ちなみにメジャーDS以外の開発作としては、ゾイドを題材とした『ゾイドサーガシリーズ』があるが、こちらもメジャー程ではないもののあまり評価はよろしくない模様。

アルテピアッツァ株式会社

通称「ピザ屋」。主に『ドラゴンクエスト』シリーズのグラフィックデザインやリメイク作品を担当している *12 。『オプーナ』を生み出したメーカーでもある。
作品の出来は悪くなく、評価の高いものが多い良メーカーである。しかし、ここ最近は『ピンボールアタック!』やDS版『ドラゴンクエストVI 幻の大地』の不出来 *13 等に見られるように作り込みの甘さが目立つ。

株式会社アルファ・システム

熊本県熊本市に本社を置くメーカーで、実用ソフトからゲームソフトまで幅広く手がけていたPCソフトハウス「キャリーラボ」の開発スタッフが独立して興した。
活動初期はPCエンジンがメインであり、PCEにおいて傑作と評される作品の多くに開発として参加していた *14
現在はSCEやバンダイナムコゲームスなどのゲームを開発する機会が多い。
関わったゲームは『天外魔境II 卍MARU』や『リンダキューブアゲイン』、『俺の屍を越えてゆけ』そして『ガンパレード・マーチ』など、独創的なゲームシステムを有す良作・佳作が大半ではあるが、ごくまれに『ガンパレード・オーケストラ』や『絢爛舞踏祭』のようなクソゲーを生み出すこともある。
テイルズ作品の開発(主にお祭りゲー)にも参加することもあり、『テイルズ オブ イノセンス』では完成度の高さが話題となった。
近年では『ファンタシースターポータブル』『同2』が高く評価されており、最新作『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』の評判も良好であった。
なおゲーム会社としては早い時期から社是として「バリアフリー」に取り組んでおり、社屋の構造の他、ゲーム操作のキー配置などに身体障害者でも問題なくプレイできるような配慮が施されていることも特徴として知られる。

株式会社アルファドリーム

任天堂と深い縁があるメーカーの一つで、スクウェアに在籍していた水野哲夫らが設立した。
『とっとこハム太郎』や『マリオ&ルイージRPG』などのゲーム開発が代表的。
ゲームの出来はどれも標準またはそれより上のため、記事が良とカタログにしかなくクソゲーまとめWikiとはあまり縁がない。

株式会社アルファ・ユニット

1995年設立のメーカーで、創業時は有限会社だったが、2006年にて株式会社に変更している。任天堂ハードやプレイステーション1、2の開発がメインで、キャラゲー率が高め。
PS2ソフト『双恋島』のようなギャルゲーものにいくらか関わっていたが、最近では『ダーツWii』のようなカジュアル路線のソフトもリリースおり、その作風は今一つ安定していないような気がする。

有限会社アレス

ういんどみるのブランド公式HPは成人向けのコンテンツがメインなので、ここではリンク先を表示しません

同人サークル「うさぎ倶楽部」を前身とするアダルトゲームメーカー。「ういんどみる」及び「ういんどみるOasis」ブランドを抱える *15
当初はエロコメやハーレムもの等の多くのジャンルに手を出していたが、『はぴねす!』のヒット以降は主に萌え純愛系のメーカーとして活動している。
しかし、『色に出でにけり わが恋は』が、『はぴねす!』以前にも以後にも見当たらないトンデモシナリオのためにクソゲーオブザイヤーinエロゲー板2010大賞となり、悪い意味で名前を売ってしまう。
その後は、『HHG』で一定の汚名返上を果たすが、『神がかりクロスハート!』でユーザーの不信を再発させる等、浮き沈みを繰り返している。
ちなみに、当Wiki及び姉妹Wikiには熱心なファンが居る模様で、アダルトゲームブランドにしては異例なほど記事が充実している。

株式会社アンノックアウト

会社の公式HPのみをリンクしています
seal系列専用の公式HPは成人向けのコンテンツがメインなので、ここではリンク先を表示しません

アニメーション及びコンピュータグラフィック製作を掲げる会社。一方でアダルトゲームの開発・販売も行っており、自社製品も含めた成人向けコンテンツの携帯電話・スマートフォン向け配信に携わっている。
メインブランドの「Softhouse-seal」、フルプライスによる大ボリューム実用ゲーのブランド「Softhouse-seal GRANDEE」、3DCG作品や全アダルトシーンの動画化を掲げる「Anime-seal」、陵辱等のダーク路線である「Devil-seal」、seal同様のバカゲー寄りで現在活動休止中の「Re:verse」といったブランドが存在する。
低価格の実用性(エロ)重視路線と、Adobe AfterEffects(AE)によるエロCGのアニメーション処理を売りとしている。世界観設定が凄まじく弾けているのも特徴である *16
2010年から活動開始を開始したGRANDEEは旧sealの世界観を継承した(バカエロ的な意味の)良作を多く発売している。
一方で旧sealは2011年以降、従来の路線を引き継ぎつつも、RPG、アクション、推理ADV等の多様なゲームジャンルに手を出しているが、ノウハウのなさゆえか空回りが多く、KOTYeに多くノミネートされてしまっている。特に『学園迷宮エロはぷにんぐ! ~イクぜ!性技のダンジョン攻略~』は、アーベルの『ゾンビの同級生はプリンセス -不死人ディテクティブ-』とKOTYe2011大賞をダブル受賞してしまった。その後ますますRPG作品のバグが悪化しており、経験不足だけで済む問題ではなくなっている。
遅くとも2、3ヶ月に一度は新作をリリースする多作傾向が、一品ごとの質に影響を与えている可能性も考えられる。
2012年3月に(アダルトではなく)会社自身の公式HPを開設し、一般向け携帯ゲームへの進出も示したものの、6月以来更新停止となってしまっている。
最近は本家よりDevil-sealの方が活発に活動している節がある。




*1 FC/SFC時代にセガ、バンプレスト系列の下請けが多めだったのはそのためだと思われる。

*2 港技研、シグナルライト・スターライトマリー等。

*3 現・株式会社アピエス。既に事業撤退。

*4 現在もパチンコ・パチスロ関係のソフトのみ配信が継続されている。

*5 3Dゲーム専門メーカーとなってからの古い作品群にSF風の作品が多かったり、今でも時折、まるで思い出したかのようにバカゲーを出すのはこの当時の名残だと思われる。

*6 『ソウルキャリバーシリーズ』『DEAD OR ALIVEシリーズ』等の3D格ゲーのエロ面が強調される際にユーザーから「もうILLUSIONと合併しちゃえよ」と冗談交じりに言われるほど。

*7 ただし、出来が良くないといってもゲームとしての水準は非常に高い。ユーザーがILLUSIONに求めるもののレベルがかなり高いという事情もある。

*8 2008年に『箱-はこ-』が軽く話題になり、2012年に『ジンコウガクエン』がエントリーし「笑い飛ばせるクソゲー」と評され選評漏れになった程度。

*9 イギリスの過激フェミニズム議員キース・ヴァズに存在が知られて議会で取り上げられ、日本の表現規制推進派団体までこの作品への抗議に乗り出したため回収を余儀なくされ、業界全体的に暫く陵辱ゲー自体が出し辛くなった。なお、本来は日本国内の成人向けに限って販売していた作品であり、メーカーの意向を破って勝手に海外に販売していた業者のせいなのでアイワン自体は完全なとばっちりを受けたことになる。またキース・ヴァズも色々香ばしい話に事欠かない運動家のため、詳細は検索してみることをおすすめする。

*10 『痕』のおまけシナリオが某小説に酷似していたことが問題となった事件。後にアクアプラスが盗作を事実上認め、商品を自主回収した。

*11 当時の一部スタッフが出入りをしていた掲示板のログ(いわゆる「552文書」)が葉鍵板で公開され、主力スタッフの退社や社内が相当に荒んでいたことが明らかになった事件。

*12 グラフィックデザイン担当は、『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』、SFC版『ドラゴンクエストIII』、PS版『ドラゴンクエストIV』。

*13 初めてのリメイクだったのに超のつく手抜き仕事だった。

*14 『イースI・II』『イースIII』『ドラゴンスレイヤー英雄伝説II』『エメラルドドラゴン』『リンダキューブ』など。開発会社としてクレジットされていなくても、アルファ・システム所属のプログラマーが開発に参加した作品は非常に多い。

*15 後述の『はぴねす!』以後に旧ういんどみるから分化したのがOasisで、主要原画家である「こ~ちゃ」氏の世界観を前面に押し出すコンセプトを取っている。

*16 一例を挙げれば「成人男子が極端に減った対策のため施行された新法により、男から求められたら拒否できない世界」が作品の舞台になっている。