死神五世【しにがみごせい】


魔王軍四天王の一人で、大鎌の似合う死神。一説ではアンデッド。
四天王の中では一番最後に昇格。ゆえに5人目の四天王。
他の魔王軍アンデッド雑魚(ゾンビスケルトンゴースト)を統括していることが多く、
魔王軍幹部では珍しく明確な部下を持っている描写がある。
四天王内での立場はわりと自由。まともだったり一番アホだったりする。
登場当初から個性の弱さを気にしており、歌や料理などスキルを身につけたり、
「~でゴセイ」といった語尾や部屋のインテリアをコロコロ変えるなど
キャラの模索に苦心していた時期があった。
偽五世とはライバルでありながらいい仲になっており、敵同士という自覚が薄い。
しかしながら、妻に毒料理食わされている同僚のように、彼女の「自信作」に
頭を悩ますことも多くなっている。

女体化版


死神五世の女体化した姿。ビキニ着用の美女の姿をしている。
没個性時代の五世にとっての起死回生と言える姿だったが、板に付きすぎた感があり、
逆に本来の骨姿を食ってしまうという悪循環を招いてしまった。
出番の多さのわりに、設定はあまり固定されていない。
状態としては普通の変身、本来の姿、生前の姿、完全な肉体を得た姿などがある。
性格も骨と共通していたり、専用の女性人格に変わったりする。
ダーエロと友達以上恋人未満のいい仲になることが多く、たまに本気で恋愛したりもする。
また、外見の都合上、エロネタの標的にされることも多い。

男体化版


死神五世の男体化した姿。ローブにふんどし一丁の筋肉男の姿をしているが、
普通の魔術士男性のホコグラもある。
生前や他の死神のキャラとして使われることも。
ダーク恍惚なる闇の様なファンキーな性格に変化する。
また、生身の体を得たことにより性欲がある。
基本的にこの形態での偽五世との絡みは多くないが、
性欲が暴走して襲いかかることも。

その他の死神

「五世」ということもあり、先代や次世代がたまに出現する。
詳しくは第89話「死神な日々。」をプレイ。
死神一世 矛倉は五世(およびその女体化)と同じ。顔倉を変えて区別している。
死神三世 四世の師匠。男体化版が使われたことがある。四世および五世の女体化ボディを造った張本人。
死神四世 別頁参照。ジュウシマツ四世にされたことがある。
死神六世 次世代の死神。未来話や跡継ぎの話でたまに登場する。ロリ化した女体化のグラフィックが使われる。
死神八世 VXRTPの死神として登場したことがある。


関連キャラ



カテゴリ:魔王軍