四天王【してんのう】

魔王軍アンデッドナイ軍が抱える幹部組織。
意味的には4人存在するはずだが、もしもでは勝手が違う。

魔王軍の四天王

魔王軍という組織は第1話から登場するが、
当初の幹部はニンニン、ムシャ、ダーエロの三人で「魔王軍三人衆」だった。
その後第2話でドラゴナスが、第4話で死神五世が幹部に昇格し、現在の四天王が出来上がることになる。
つまり、魔王軍の設定が固まりだした頃から、四天王はすでに5人と人数オーバーしていたことになる。
組織的には重大な欠陥だが、時々ネタにされることを除いてはあまり指摘されることはない。
なお、実力的は魔王の次にいると思われるが、5人が揃って怠け者なため、
幹部的な力関係は恍惚なる闇の方が上なことが多い。

アンデッドナイ軍の四天王

正確には「偽四天王」であり、文字通り魔王軍四天王の偽者という位置づけ。
対になる存在故に当初から5名となるはずだったが、ダーエロの偽者に関してはキャラがなかなか定まらず、
3つのデザインがそのまま兄弟として並び立つことになった。これらを含めるとナイ軍の四天王は7人になる。
もっともナイ軍はライバルとの絡みや単体での活躍が多く、
四天王同士つるむ描写は魔王軍に比べて控えめである。
こちらも幹部的な立場はカーバンクルの方が上のことが多い。

王国軍の四天王

王国側が敵として描かれる場合、RTP勇者の中から四天王になる者もいる。
が、これといった定まったメンバーはいない。
最もメジャーなのは通称「ABCD」であるアレックスブライアンキャロルデイジーの4人。
他には3馬鹿という組み合わせもある。

カテゴリ:用語