アレブラ作品【あれぶらさくひん】

アレックスブライアンが、スレで提示された安価を議題にひたすら語るだけの作品。
安価をどう料理すればいいのか困った時に、アレブラ作品になりやすい。
基本的には対話形式で製作者の主張を表現するという形で用いられるため、
作り手の安価消費手段としては抜群の安定感を誇る。
大抵は、最後に何の脈絡もなくゴメスぬくりあさんが登場してオチをつけてくれる。

カテゴリ:用語