見るゲー【みるゲー】

ADVのような、物語を読むことがメインとなっている作品。
読むゲーとも。
広義ではksgも見るゲーに分類されると思うのだが、あまりに短編な場合はそっちに含まれることが多い。

もしもシリーズのキャラクターによるストーリーを楽しむゲームであるため、独自の設定などが作られやすい。
人によってはそれを活かしたり、それによって見るゲーを作ることに抵抗を覚えたりと様々。

やるゲーよりは作る労力が少ない・・・というわけでもなく、
物語を考えたり、キャラを常時動かし続けたり、ゲームとしての演出を考えたりと、まともな作品を作ろうとすると一気に仕事量が増える。
やるゲーとはまた違った大変さがあるということである。

カテゴリ:用語