2012年度冬会誌『滅亡SF』





  2012年といえば人類滅亡
 今年人類は滅ぶだろう断言する。誰がなんと言おうと2012年人類は滅ぶ。大事なことなので二回言いました。

 ということで今回は滅亡描写のある作品をテーマとして、様々な企画をドカンと60ページに詰め込みました。滅亡SF作品レビュー16作品、映画特集『アルマゲドン・シリーズ』9作、コラム、評伝など盛りだくさんです。
  滅亡前に読んでおいて損はない一冊 ――ここにあります。

 日時    :C83最終日、12月31日(月)
 配置    :東O03b
 サークル名 :大阪大学SF研究会
 誌名    :『滅亡SF』 
 予価    :500円
 形式    :B5 60ページ

目次

■滅亡作品紹介

ループもの作品との関わり

■滅亡SFレビュー

(終末のフール/ハーモニー/華竜の宮/日本以外全部沈没/到着/悲鳴伝/火星年代記/地球の長い午後/幼年期の終り/新世紀エヴァンゲリオン劇場版/BIOMEGA/パラドクス・ブルー/なるたる/岸和田博士の科学的愛情/Rewrite/穢翼のユースティア)

■滅亡SF作品論

「終ノ空・素晴らしき日々」
人は何故生きなければならないのか?
―滅亡、語り得ぬもの、生の意義、そして幸福―

■滅亡映画特集 アルマゲドンシリーズ

2007~20XX+エイリアン・アルマゲドン9作一挙見

■滅亡人物伝

村井秀夫 出家への路
証言で振り返るオウム真理教ナンバー2


ほか




既刊も販売予定





既刊①『日常SF』
既刊②『円環の理』

詳細はこちら(2011年度冬会誌『日常SF』
詳細はこちら(2011年度夏会誌『円環の理』































.

|