オカシイ世の中覚え書き

アムネスティの「チベット人の人権と権利の尊重を!」ウェブアクション 2008.3~期限不明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

非暴力の抗議行動への厳しい弾圧

非暴力の抗議行動に参加した人びとへの中国当局による厳しい弾圧・・・

これは、チベットの首都ラサで3月10日に行われた400人にものぼる僧侶の抗議行動に始まりました。発端は、ダライ・ラマの非難を紙に書かせることを強制するなどの政治的プロパガンダ・キャンペーンを緩和するよう要求する僧侶たちの平和的なデモ行進でした。

50人以上の僧侶が路上で拘束されました。後日、彼らの釈放を求めて集まった群集に向け、警察と軍は催涙ガスを発砲、電気棒などを使用して参加者を殴打し、群集を解散させるために実弾を発射したのです。 

中国当局による厳戒態勢の中、警察と軍隊によって包囲されたラサの3つの主要な僧院では、僧侶たちが監禁さています。また、外出禁止令下にある市内全域では市内への立ち入りを武装車両や武装警察部隊が封鎖しています。ジャーナリストが、ラサやその他のチベット人居住地域に入ることは禁じられています。

ラサ市内の一部では散発的な抗議行動が続き、隣接する地域にまでチベット人の抗議活動が拡大しました。チベット自治区と3省のチベット人居住地域では当局との衝突により多数の死傷者を出しながら、依然不安定な状況が続いていると報告されています。


アムネスティ・インターナショナルは中国政府に要請しています。

  * 表現・結社・集会の自由を尊重し、平和的なデモ参加者の逮捕・拘禁を止めること
  * 銃火器の使用など、デモ参加者への過剰な武力の行使を避けること
  * 今回の事件で拘束されたすべての人びとの消息を明らかにし、拷問などが行われないよう保証すること
  * すべての被拘禁者が弁護人に会うことができ、また医療を受けられるようにすること
  * 起訴された人びとが国際基準と合致した公正な裁判を受けられるよう保証すること
  * ジャーナリストが現地に障害なく入り取材できるように保証すること
  * 現在の事件について、独立した国連の調査を受け入れること


はがきアクション・胡錦濤国家主席宛→http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1536