※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

操り人形

どんなゲームか

プレイ人数2~7人、2~3人だとルールが変わるので4人以上推奨。
誰が何の職を取ったか、誰が何の職を取りそうかで
簡単に読み合い/読み外し合いができるゲーム。

以下プレイ人数4人以上の解説。

ゲーム画面


1、プレイヤー情報 手札枚数・コイン枚数・建っている建物の数・詳細がわかる。スタートプレイヤーには王冠マークがつく。
2、進行用ボード 今どの職業のターンか・どの職が暗殺/盗まれたかがわかる。
3、今のラウンドで使われなかった職業カード置き場
4、残り山札枚数
5、自分の手札

ゲームスタート時の状態

建物カード・・・4枚
コイン・・・2枚
スタートプレイヤーはランダム。

ゲーム進行

(1ラウンド開始)
   ↓
(職業選択)
まずプレイヤー人数によって、このラウンドに使われない職業カードが取り除かれる。
取り除かれるカードはランダムに選ばれ、伏せられたカードは見ることが出来ない。
4人・・・3枚(1枚は伏せ、残りの2枚は公開)
5人・・・2枚(1枚は伏せ、残りの1枚は公開)
6人・・・1枚(伏せ)
7人・・・1枚(伏せ)

スタートプレイヤーから順に職業カードが回ってくるので、1枚選び、次のプレイヤーに渡す。(選んだカードは伏せられる)
※プレイヤー人数が7人の場合、最後のプレイヤーは回ってきたカードと、最初に伏せられたカードを見て、どちらかから選ぶ。
全員選び終わったら次へ。
   ↓
(アクション)
職業の順番でターンが回ってくる。
暗殺者→泥棒→・・・→建築家→傭兵(カードに書いてある数字の順・ボードに並んでる順番)

自分の取った職業のターンが回ってきたら以下のアクションを行う。
●基本アクション(どちらか1つ)
山札から2枚めくって、好きな方1枚を貰う。
コインを2枚貰う。

●建築
建物を1ターンに1枚建てることができる。
すでに建っている建物と同名の建物は建てることができない。
※建築の前に基本アクションは終わっていなければならない。

●職業・紫建物の能力を使う
職業/紫建物の能力を使うことができる。
※これはターンのいつでも使用できる。

やることをやったらターンを終了して次の職の人のターンへ。
傭兵のターンが終わったら次へ。
   ↓
(1ラウンド終了)
使った/使われなかった全ての職業カードを回収し、新しいラウンドを始める。
次週のスタートプレイヤーは国王を取ったプレイヤーになる。

ゲームの終了

 誰かが建物を8軒建てたら、そのラウンドの終わりでゲーム終了。
 持ちポイントの多いプレイヤーの勝利。

 ポイントは建物のコスト=ポイントとなる。(大学とドラゴンの守りだけ例外)
 さらに3種類のボーナスがあり、建物のポイントにボーナスを足したのが最終的なポイント。

 最初に8軒建物を建てた・・・+4ポイント
 最初ではないが8軒建物を建てた・・・+2ポイント
 自分の場に5色(黄・青・緑・赤・紫)の建物が建っている・・・+3ポイント

建物の色の傾向

・・・普通
・・・普通
・・・高コストが多い
・・・枚数多め 低コストが多い
・・・コスト高め 特殊能力あり

各職業の能力

(自動)・・・何もしなくても効果が発揮している能力
(使用)・・・自分で使う能力

暗殺者
1番手。
(使用)職業を1つ指定し、暗殺する。
そのラウンドで暗殺された職業のターンは回ってこなくなる。
盗賊
2番手。
(使用)職業を1つ指定し、コインを盗む。
指定した職業を取ったプレイヤーがいた場合、
その職業のターン開始時に持っているコインが全て盗賊に移る。
魔法使い
3番手。以下のどちらかの能力が1回使える。
(使用)・プレイヤーを1人指定し、そのプレイヤーの手札と自分の手札を全て交換する。
(使用)・自分の手札から好きな枚数を捨て、同じ枚数だけ山札からカードを引く。
国王
4番手。
(自動)次のラウンドのスタートプレイヤーになる。(暗殺されても有効)
(使用)自分が建てている黄色の建物の数だけコインを貰う。
伝道師
5番手。
(自動)このラウンド中傭兵に建物を破壊されなくなる。(暗殺されると無効)
(使用)自分が建てている青色の建物の数だけコインを貰う。
商人
6番手。
(使用)コインを1つ貰う。
(使用)自分が建てている緑色の建物の数だけコインを貰う。
建築家
7番手。
(自動)このターン3回まで建築することができる。
(使用)カードを2枚引く。
傭兵
8番手。
(使用)他プレイヤーの建物1つを指定し、その建物の建設コスト-1のコインを払ってその建物を破壊する。
※建物が8軒建っているプレイヤーの建物は破壊できない。
(使用)自分が建てている赤色の建物の数だけコインを貰う。

各紫建物の能力

(自動)・・・何もしなくても効果が発揮している能力
(使用)・・・自分で使う能力

幽霊都市
コスト2
(自動)ゲーム終了時に、この建物は好きな色1色として扱える。
※どれか1色として扱われる。赤緑黄紫+幽霊都市なら5色だが、赤緑黄+幽霊都市なら5色ではない。
見張り台
コスト3
(自動)この建物は傭兵に破壊されない。
研究所
コスト5
(使用)1ターンに1回、手札を1枚捨てて1コイン貰うことができる。
鍛冶屋
コスト5
(使用)1ターンに1回、3コイン払って手札を2枚引くことができる。
墓地
コスト5
(自動)傭兵に建物が破壊された時、1コイン払うとそのカードを手札に加えることができる。
破壊されたのが自分でも他のプレイヤーでも使用できる。
※自分が傭兵だった場合は使用できない。
天文台
コスト5
(自動)基本アクションの「山札から2枚めくって、好きな方1枚を貰う」が、
「山札から3枚めくって、好きな1枚を貰う」になる。
図書館
コスト6
(自動)基本アクションの「山札から2枚めくって、好きな方1枚を貰う」が、
「山札から2枚めくって、両方貰う」になる。
魔術学校
コスト6
(自動)「自分が建てている~色の建物の数だけコインを貰う」系の能力を使う時、その数に+1する。
大学
コスト6
(自動)この建物のポイントは8点になる。
※傭兵が壊す時に必要なコインは5。
ドラゴンの守り
コスト6
(自動)この建物のポイントは8点になる。
※傭兵が壊す時に必要なコインは5。